人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

65:選挙投票「コンビニ・ネットで」の法案と貴方自身に反論する。

2008/11/30 (Sun) 17:48
hgibbb3

【対象番組の動画】
投票所を廃止!コンビニ・ネットで投票(3)(YouTube)
投票所を廃止!コンビニ・ネットで投票(2)(YouTube)

太田光総理(爆笑問題)直々の法案提出である今回のお題は「投票所を廃止して、コン
ビニ・インターネットで投票するようにします」。

深刻な投票率低下、とくに若者のそれが著しいのを解消することが法案の狙いだ。
また、人件費がかかる投票所も廃止――。これに対して、セキュリティや本人確認といっ
た技術的な問題点を指摘する声や、投票所廃止はやり過ぎといった反対意見があがった。

そんななかで、小さな国会の万年第2野党(党首)でソーリの宿敵、金美齢はある種
のスジ論を展開。「投票行為がただでさえ軽佻浮薄になってる」こんな世の中で、これ以
上、ただただ便利に若者迎合的にお膳立てしてやるのはいかがなものか。やたら投票率を
上げても、いい加減な票が増えてクオリティが失われるだけ、というのだ。

「テレビ番組と政治を一緒にしないで」
そこへピエロのように現れ出でたるは、自称チャラ男の慶。「コンビニの前で夢語る
とかチョーやる」26歳のお笑い芸人は一度も投票に行ったことがないが、法案が成立し
た暁には「顔とか名前、特技で投票する」つもりだ。どうやら幼児的なおバカキャラよりは
少し年上の、足りないローティーン風の喋りで、見る者の神経を逆なでする芸風らしい。

こんな仕掛けを目の前にぶら下げられては、金も黙ってられない。「おもしろ半分に
投票して、日本の政治がよくなると思うのか」「冗談じゃない。世も末ですよ」と唇をふ
るわせて叫ぶ。まあ、この一連の流れ自体、やや形骸化した番組の仕掛けとも言えなくも
ないところだ。

さて、宿敵の金に対してソーリが言うことには「おもしろいの、いいじゃないか!」。
これが真摯な表現者たるソーリの端的な見解である。

この番組(太田総理)がいくら良質のテレビ番組であっても、視聴率が悪ければ打ち
切りだ(これはソーリがたびたび口にする危惧である)。だから、おもしろいことをやり
つつ、ちょっと真面目なこと言ってみたり、いわばアメとムチで視聴者を惹きつけようと
努力している。あの慶ですら、そうだ。ソーリに言わせれば、政治はまだ真面目のほうに
傾きすぎて、おもしろさの表現力(投票率をあげる努力)が足りないらしい。「政治家だ
って、(タレントと同じように)表現者だと思うんですが、どうでしょうか」。ソーリと
しては珍しく丁寧な語尾で、問いかけるように結んだ。

しかし、金は一向に動ぜず、「テレビ番組と政治を一緒にしないでほしい」と即座に
反論。「テレビ番組はつぶれてもどうってことないが、国をつぶすわけにはいかない」。
すると、ソーリも「政治だってどうってことねーよ!」といつものべらんめえ調で吐き捨
てる。2人とも顔を紅潮させつつ、そっぽを向いたまま時間切れ引き分けへ。両者の間に
はまたしても一点の妥協点も見いだされなかったのである(なお法案は可決された)。



(コメント)
コンビニで選挙投票。この法案の発想は悪くないが、起案者の政に対する
認識と、趣旨があまりにも浅過ぎる。

なにが「チャップリンのように影響を与えたい」だ・・・
太田氏は、2ちゃんねるの利害関係者達に屈して(?)いるようだが、
チャップリンは国家(ナチス)にさえ、屈しなかった。

貴方にチャップリンを語る資格は無い。
貴方はチャップリンからなにを学んだのか。
当時のチャップリンは、人々になにを伝えたがっていたのか・・・
貴方は何も解かっちゃいない。
貴方は、チャップリンというブランドにしか、目を向けていない。

chaplin1
(映画「独裁者」のラストシーンより)
ただの風刺映画で終わらさなかった超有名なラストシーン


貴方のメンタリティは、チャップリンというよりも、2ちゃんねる管理人
「西村博之」氏やその利害関係者達のものに近く、チャップリンとは正反対。
下らねぇ連中から、下らねぇことでも吹き込まれてきたか、それとも、
元々から下らねぇ人間に過ぎなかったのか。
たぶん、ある人々はこう言うでしょう。
「それが彼の芸風なのだから仕方が無い」と、
あれは芸風とはいわない。ただの「煽り」です。
毒舌路線も結構ですが、何事もいき過ぎはよくないです。
太田氏もその道でメシを食ってきたプロなら、笑えるジョークと、笑えない
ジョークとの区別くらいできるだろうと思っていましたが、それは私の思い違い
だったのでしょうか。

太田様自身も、いき過ぎた発言で心を痛めた経験のある2ch被害者でしょ?
だから、今までの被害が、2ch側との連携による、単なる「やらせ」では無い限り、
太田氏は確信犯だと認識せざる得ない。

他人を幸せな気持ちにさせるのがお笑い芸人のはず。
太田氏の、いろいろなことにチャレンジする姿勢は学ぶべきことでしょうが
大勢の犠牲を前提にした試みには賛同しかねます。

>この番組(太田総理)がいくら良質のテレビ番組であっても、
>視聴率が悪ければ打ち切りだ(これはソーリがたびたび口にする危惧である)。
>だから、おもしろいことをやりつつ、ちょっと真面目なこと言ってみたり、
>いわばアメとムチで視聴者を惹きつけようと努力している。

この記事を執筆したジェイキャスト記者の解釈を鵜呑みにするなら、
太田氏は、視聴率を稼ぐためには、手段を選ばないスタンスを展開している・・
ということなのでしょうか。
良質のテレビ番組であっても打ち切られるのは、たんに視聴者がアホなだけでしょう。
かと言って、アホに媚びり続ける番組を作り続けてもアホを更に増やしてしまい、
テレビ局側は、さらにアホ度の高い番組を作らざる得なくなる。
アホが求めるものは結局、「刺激モノ」というのがお約束。
刺激モノは一種の麻薬みたいなもの。一度過激なネタに慣らされてしまうと
視聴者は更なる強い刺激を求めてくるためキリがない。

視聴者に合わせるだけでなく、ときには視聴者を「育てる」という気持ちで
番組をプロデュースしてゆかないと、ますます泥沼化してゆきますよ。
今のような下らない番組を作らざる得ない状況を作ったのも、メディア側の責任も
何パーセントはあると思うので、いちいち悪い先輩方の負の遺産に付き合う必要は
ないと私は思うのですがどうでしょう。


【人間がネット社会で退化させてしまったもの】

リピーターが普通の刺激では満足できなくなっていると、超過激な演出を
常に続けないと、すぐ番組に飽きられてしまい、結局その番組は短命になる。
刺激モノに固執する対象は、絶対に長続きしないものです。
それは歴史が証明しています。2ちゃんねるも然り。
あとは、実質的に番組の人気に陰りが出て来ると、大本営発表のように、
大好評 大好評と宣伝して騙し騙し放送するしかなくなります。

>そこへピエロのように現れ出でたるは、自称チャラ男の慶。
>「コンビニの前で夢語るとかチョーやる」26歳のお笑い芸人は
>一度も投票に行ったことがないが、法案が成立した暁には
>「顔とか名前、特技で投票する」つもりだ。

この手のタイプの出演者(慶氏)を出してくる時点で、「やらせ」の可能性高し。
白々しい意見のやり取り、偶然に飛び出した発言のように見えて、その発言と
同時にドンピシャリのタイミングで掲示される補足資料。台本通りの形だけの討論。

どう見ても、太田氏側のほうを、あえて悪者として演出しているとしか思えない。
太田氏側が憎まれ役を演じ、身勝手な論説を展開して、相手の反対派側を好印象に
見せているようにも思える。
あれらのスタンスは2ちゃんねる管理人が得意とするもので「死刑になるなら払う」
と極端な持論を展開して憎まれ役を演出し、注目を集めんとする手法そのものです。

また、太田氏の、あれらの発言等が素によるものならば、完全に衆愚政治への道を
推し進めていることに本人は気づいてもらわなければ、この先、日本は終わる。
それに共産党と社民党、それに平沢議員がこの法案に反対というのは不気味であり
今までの主義主張から考えて不自然です。
「投票率が上がれば、そちら(共産党、社民党)は、票数をのばせるでしょう?」と
発言していることから、どうも太田氏は共産、社民支持の意思があるということか。

システムは育てるもの」という発言もありましたが、育てきるまでに、
どれだけの犠牲を想定しているのか疑問です。
アメリカでは、システムの不具合で数千件、数万件レベルの無効票を生んで
しまったという事例も伺っています。
システムエラーによって生まれる無効票は想定の範囲内だとする意見は、
その裏を反せば、一票の重みをまったく理解していないということになる。
選挙では失敗は許されない。

システムエラーが原因で無効になった一票(希望)は、もう戻ってこない。
多くの犠牲によってシステムは育てられたとしよう。しかし、システムを育てる
までの過程において失うものが大きすぎる。
太田氏は、その件で「なにをそれくらい、そんな細かいこと気にしてたら何も
できない」と発言していたが、選挙をナメているのか。
金女史への反論で、つい出た本音か「政治なんてどうでもいいよ」とも発していたが、
そのどうでもいいと思っている政治のために、なぜその法案を番組に出してくる?
どうでもいいのだろう? 政治よりも番組のほうが大事なのだろう?
それならそうと番組の冒頭でハッキリ言ってほしい。そうすれば無用な期待を
せずに済む。

そんな番組のために我々市民の未来が犠牲に成りかねないのである。
技術的エラーは即座に是正可能だが、政局はプログラムの修復のようにはいかない。
システム(IT企業)を育てることを優先するか、それとも選挙の公正さを優先するか。
600億円の選挙運営費は、公正さと、セキュリティ費用と考えたほうがいい。
不正によって国政を捻じ曲げられるのを防げるのなら、600億円は安いものです。

政局を捻じ曲げられて、失策を政府が繰り返すようになれば、数兆円規模の国損を
被ることにもなりかねない。
費用対効果という面をもっと深く、そして大局的に考えるべきです。

投票用紙で集計される数字の操作はほぼ不可能です。
しかし、電気仕掛けの場合は、それ系の専門家にとって、不正は容易です。
システムを委託するIT企業関係者が不正に加担した場合、その不正を
監視又は監査できるスキル保有者は国内でも限られます。
そこで結局、人件費がかさむことになる。
ネット社会の問題点を取上げる報道番組には、必ずといっていいほど
限りなく黒に近い、灰色の専門家が出てきている状況が変らない限り
IT企業に我国の国政を決定付ける大役を委ねるのは時期早々と言わざる得ない。
自分達の商売上の都合で、主義主張をコロコロと変えてくるIT企業は、
そこまで信用できるような存在ではないと私は考えています。


【参考資料】
ご都合主義?有害サイト規制法案を骨抜きにした張本人“別所直哉”が手のひら返す

政局や有権者をモルモットにIT技術を育てる・・
医療の世界で、そんなことをすれば、大問題です。
医療技術を育てるために患者を犠牲にしているのと同じこと。
そんなことまかり通る世の中になった時点で、日本はすでに衆愚政治が
始まってしまっていることを意味するでょう。


【参考資料】
衆愚政治
衆愚政治の寵児、小泉降壇

ところで太田様、とりあえず、2ちゃんねるの被害者面して、2ちゃんに
否定的な発言さえ繰り返してれば、誰が相手でも本音が言える勇者である
かのように、それを演じきれるとでも思っていたのでしょうか? 無理です。
私も反2ゲリラになって経験の浅い時期には、反2ちゃんねる発言を繰り返す
隠れ2ちゃんねる支持者達によく頻繁に騙されていたものです。
彼等にしてみれば、「してやったり」といった感じなのでしょうが、必死な人間を
玩ぶ、又は利用してやろうと考える彼等の人格に、ただただ、首を傾げずには
いられない。でも、さすがにそういうのばかり見ていると、私のような馬鹿でも
免疫が付き、ある程度、彼等の狸ぶりを見抜けるコツというかポイントが自然に
掴めてきました。

もともと爆笑問題の太田氏は、思考スタンスに偏りのある人物だということは
私も認識しておりました。しかし、大半のメディアが、絶対的なタブーとして、
2ちゃんねる否定発言を避けるなか、露骨に2ちゃんねる批判を口にする太田氏に
一目置いていました。 一見ムカつく奴だが、意思の強い一面があるというようにね。
しかし、よく考えてみたら、そんな人が今の御時勢に、テレビ等に出演できてる
こと自体が不自然なはず。
完全に2ちゃんねる系勢力の操り人形と化しているNHKや、2ちゃんねると深い
利害関係にあるフジテレビ等で、自然に出演している人物が、正真正銘の2ちゃん
ねる批判者だということなど、現実的に考えて有り得ないことのはず。
数人の2ちゃんねらーからの批判メールがきただけで、即行で某家庭評論家様を
一方的に出演キャンセルさせたほどのNHK。
ネット問題等に少しでも触れた番組には、必ずと言っていいほど、2ちゃんねるの
関係者を多数出演させるNHK。
公募していたくせに、本当の2ちゃんねる被害者の意見をほとんどお蔵入りさせ、
生放送当日に届いた、2ちゃんねる支持派の意見のみを一方的にオンエアし続ける
NHKの、2chに配慮した報道管制。

そんなNHKが、表向きとはいえ、反2ちゃんねる批判者とされる太田氏を
なんの抵抗もなく、出演させているという不自然さ。
2ちゃんねる支持派からのクレームが数件どころか、数千件は来ていても
不思議でない人物をVIP待遇で出演させるNHK。おかしな話です。

今だから書けますが、私は太田氏を過去のコメント等で擁護したりしてましたが
正直、強い疑念もありました。少しでも有名人の知名度にあやかり、啓蒙活動を
有効に進めようと考えていた当時の私の浅はかさは、今思えばお恥ずかしい限り。

大手メディアだから、公人だから、有名人だから、大きなテレビ局で取上げ
られている人物だから、まさか彼等も、そこまで外道なことはしてこないだろう・・
という甘~~~い考えが当時の私の中にあったのでしょう。
冷静に考えたら、多くの詐欺師達が、有名人を広告塔にたて、カモを信用させる
という手口は昔から使われてきた常套手段だったはず。
それなのに私は騙されていたというわけです。おかげで敵さんは色々と学習する
機会を私に与えてくれた。その点については敵さん方に感謝したいですね。

メディアにおける、辛口ジャーナリズムは2ちゃんねるでも支持されやすいですが、
それはあくまで、2ちゃんねるの利害関係者達と、その裏で利害が一致している
意見者だけでしょう。

最近のフジテレビの生放送でも、太田氏と2ちゃんねる幹部「井上トシユキ」や
矢野さとる」と一緒に仲良く肩を並べて出演されてましたね。
太田氏の価値観からして、たぶん気の合う人達だったのではないでしょうか。


殺人予告された爆笑問題・太田光が、生放送で2ちゃんねらーと直接対決

表向きは2ちゃんねる批判者として通っている太田氏も、2ちゃん関係者との
打ち合わせに基づいて発言している可能性が高いですね。
どうも、テレビの世界では、有名人が2ちゃんねる批判をする場合は、
2ちゃんねる関係者による認可というか、打ち合わせが必要のようです。
2ちゃんねる幹部との同席で批判していれば、その番組は本気による
2ちゃんねる批判ではなく、ただの演出か話題作りなのだと、番組を見ている
全国の2ch関係者達に、その意思を周知する意味合いもあるのかもしれません。
これが無いと、彼等は本気モードで、ネガティブキャンペーン(祭)を
開始しかねず、本当に仲間(協力者)を潰しかねない。
これは私の考え過ぎならいいのですが、そうでないことを祈りたい。





もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済


社会問題

64:オバマと麻生、ネット世論が選んだ両リーダーは救世主かそれとも悪魔か。

2008/11/16 (Sun) 01:59
hgibbb3

オバマ次期大統領のネット活用に高まる期待

 バラク・オバマ氏は大統領選挙で、一躍コメディースターとなったオバマガールから多
数の若い有権者まで、Webの住人たちによる大応援団に後押しされた。今彼らは、次期
政権がインターネットの活用を進めることを強く求めている。

 政権移行に向けて準備を始めた民主党のオバマ次期大統領は、こうした声に応えている
ようだ。同氏の施策は、米国民が政治指導者に求める国民とのコミュニケーションの在り
方が今後変わっていくことを示すものかもしれないと、専門家は話している。

 オバマ氏は、MySpaceにページを開設している初の次期大統領だ。先週の大統領選挙で
当選した後、同氏は「Change.gov」サイトを立ち上げ、オンラインでのプレゼンスを高め
ている。



(コメント)
さて・・ アメリカのネット世論が事実上選んだオバマ次期大統領ですが、
その次期大統領のお手並み拝見といったところですね。
日本のネット世論では、麻生太郎という2ちゃんねらー首相を選んだ。

日米共にネットが生んだ新リーダーということです。
アメリカのネット世論と日本のネット世論、どちらの住人が人を見極める
眼力が優れているのか、今後の両首脳の動向次第で、その答えが出る。

オバマ氏は、ネット世論への依存度が高いだけに、サイバー犯罪への規制
に関する取り組みには極めて消極的だと伺っています。
自分を大統領という地位にまで押し上げてくれたネット産業に少なくとも
何らかの恩賞は与えるでしょうし、IT関係者が政への発言力は今まで以上に
増すことも予想されます。
日本の2ちゃんねるを筆頭に、これらの悪質サイト群のサーバーを多数管理する
アメリカネット社会も、日本の腐りきったネット社会とは、さほど違いは無いと
私は認識しております。

だから新しい風の到来だ~~~!と素直に喜んでいられない事情が私にはあります。
どんな世界にも言える事ですが、腹黒い闇の権力者が推挙する人間は、必ず自分の
手の平の上で都合よく躍らせることのできる人しか推挙しないものです。
オバマ氏がそうだと言いたいわけではありませんが、私が過去の
主張にも書いて
きたとおり、口がやたら達者で、短期間の間に人気が爆発的に高まってきた人には
当りとハズレの差が極端であることが多く、こういうタイプほど慎重には慎重を
重ねて見極める必要があります。

メディア等に煽られ、アホみたいにキャキャとお祭り騒ぎしている場合ではない。
ニューリーダーの選定は、高給取りのメディア関係者には単なるショービジネス
でしかないのでしょうが、我々一般市民にとっては究極の選択であり人生の岐路。
楽しみながら、ゲーム感覚で一票を投じてたら本当の意味でのゲームオーバーです。
誰がやっても同じ」この意見はよく耳にします。私にはこの意見が政治家への
嫌味というか、政治家本人にぶつけたいという意思も感じられないこともない。
それとも、人前で真面目に政治について語ること自体恥ずかしいから、無関心の
フリをしているのか。

嫌味だろうが、無関心のフリだろうが、いずれにしてもプラスにはならない。
また、「誰がやっても同じ」という意見の裏には、もう一つの意思も見え隠れする。
「誰がやっても政治は今以上に悪くはならないだろう」という政治に対する
根拠の無い安心感のようなものもさえ感じる。
この手の意見を言う人達は解かっているのだろうか。
誰がやっても同じである状況のありがたさ。そして平和であることのありがたさを。

ひょっとして、今以上に政局を悪くする政治家はいないだろう・・とか、
そこまで日本をピンチに陥れるようなアホ政治家はいないだろうと無意識のうちに
抱く安心感からくる発言ではないのか。
投票しない、無関心とは、今以上に日本はこれ以上悪くならない、だから全てを
その政治家達に委ねてもいいと言っているようなもの。

かって我々は、メディアが繰出す劇場型政治という名の、ショービジネスに乗せられ
時代の雰囲気と勢い任せに、貴重な一票を投じてしまったという苦い経験があります。
そう、当時(現在も?)、各メディアが最も愛した内閣総理大臣、小泉純一郎氏の時代です。
私も含め、その頃の国民は、ああいったメディア広告手法への免疫が無かったため
ものの見事に騙され続けました。
一般人に解かり易い政治であれば、必ずしも正しい政治とは限らないのにそれが
正しいと錯覚させられたり、市民に対して強い痛みが伴う改革であれば、
必ず適切な改革であるかのような、根拠の無い論理を信じ込まされたり、
異論を唱える相手を無理矢理潰して黙らせる方法は、非民主的で単なる独裁政治
でしかないのに、あたかも、大儀を成すためにはやむ終えない犠牲であるかのように
納得させられてしまってたりと、人類の負の歴史を繰り返しているにすぎないのに
ほとんどの市民が、そのことに気づくことさえなかったあの頃。
今のマスメディアは、相手が悪鬼だろうが何だろうが、金銭的利権が成立さえすれば
何にでもお墨付きを与える時代になった。

カネをたくさん持ってる奴が正義であり勝ち組、カネ持ってない奴は負け組
といった、人の幸せなんて年収の優越で決まるわけでもないのに、こんな
意味の無い概念さえ、我々はメディアによって植えつけられようとしていた。
ハッキリ言って、あの頃、我々の心は病んでいました。

いいですか、アホな政治家を生むのはアホな有権者です。
アホな政治家が、アホの市民をメディアやネットを使って量産し、さらに
アホが増え続ける。そしてアホの中から新たに立候補者を立て、アホの勢力を
拡大させてゆく。まさに負の連鎖です。

これはメディアの世界でも言える事、アホなメディアを作るのもアホな視聴者や
スポンサーの面々。アホな視聴者が求めるものは当然アホな番組、アホな出演者。
それゆえに、アホな番組が視聴率を稼ぎ、そんなアホな番組を作るプロデューサーが
アホなりに局内で発言力を増していき、アホが全番組制作の実権を握るようになる。
そしてメディア全体がアホになる。

賢い人間よりも、アホな人間は容易に増殖させることができるのも特徴。
政治の荒廃は、市民のアホさのバロメーター。
2ちゃんねる等の悪質サイトの繁栄はIT専門家達やその取り巻き連中の
アホさのバロメーター。ここまで私にアホアホと書かれてムカつきますか?
ムカつくのであればまだ貴方様は見込みがあるほうです。
ムカつかなければムカつけるだけの気力と人間性をまず取り戻して下さい。

我々一般市民がまず賢くならなければ、アホ化の連鎖は止められないでしょう。
今後、私と共に見て聞いて、そして考えながら学び、下らねぇ連中が推し進めている
日本人アホ化計画を阻んでやろうではありませんか。

とにかく我々日本人の倫理性や社会性の底上げが求められる時代になってきました。
これは地球温暖化対策にも匹敵する優先課題です。
何故なら、アホでは抜本的な地球温暖化対策などできないからです。

最後に、最近のメディアでのコメディアン、いわゆるお笑い芸人達による
2ちゃんねるファミリーへの加担が、やたら目立つようになってきました。
所得格差の激しい業界で知られるお笑い界では、一日も早く成功を収めて
身をたてようと必死になっている若手芸人が大勢います。
それゆえに、藁にもすがる気持ちで、つい不本意な企画や、要望にさえも
首を縦に振るしかないという弱い立場がそうさせている可能性もあります。
悪魔に魂を売ってまで成功を収めたがる芸人がいても、なんら不思議ではありません。

これも仕事のため、生活のためだと開き直りたい気持ちは理解できないこともない。
しかし、よく考えて欲しい。
仕事のためだと考えても、目の前のそれは、本当に「仕事」と呼べるものなのかを。
そんな下らねぇーことを要求してくる奴等が本当にいるならば、そんな連中を
告発を兼ね、実名挙げて笑いネタにでもしてしまえばいい。

しかしやるなら本気で。蓋を開けてみると「やらせ」、「バイラルマーケッティング」
「話題作り」といった下らねぇー企みなら最初からしないでほしい。

要求してくる連中が、自身のしていることが100パーセント正しいと思っている連中なら
貴方方、芸人さんに連中が「バラすな」と怒る理由はないはずです。
黒いことに加担するタレント等には、仕事を多く与え待遇も良くし、従わない者には
仕事も与えず、隙あらばスキャンダルネタで系列の週刊誌や掲示板等で吊し上げる。
まさにアメとムチで飼いならすというわけですね。

最初から確信犯的に加担しているのか、それとも知らずに加担しているのか。
そんなこと、私にとってはどうでもいいことですが、視聴する側としては
あまり気分のいいものではない。

おそらく、ただのバラエティ番組だから、視聴者も軽く受け流し、思想扇動行為を重く
受け止めないだろうと考えてのことかもしれませんが、もはや、あのレベルにまでくると、
黙認できる範囲を逸脱している。

おたくらのそれは、バラエティじゃない。

思想扇動・・・つまり「バラエティ番組」の名を借りた洗脳番組だ。





もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済


社会問題

63:うまい話同様、口のうまい奴にも裏がある。

2008/11/01 (Sat) 01:28
hgibbb3

1等空尉「2ちゃん」5時間50分、懲戒処分 三沢

 航空自衛隊三沢基地は10日、同基地第3航空団の男性1等空尉(53)について、
減給30分の1(1カ月)の懲戒処分とし、発表した。

 同基地によると、1等空尉は8月4~20日、業務時間中に職場に設置されている
パソコンで、業務とはまったく関係ない「2ちゃんねる」にアクセスし計5時間50
分閲覧し、業務を怠ったという。



(コメント)
2ちゃんねるに対して、情報漏洩の検閲を行っていたのなら多少許せる・・・が、
それならこのようにメディアで騒がれることはないのでしょう。
このニュースで明らかになったのは、防衛省のパソコンからでも2ちゃんねるに
繋げられることが可能だということ。
おいおい・・マジかよ・・・ 大半の企業では、2ちゃんねるへのアクセスが
不可になっているのは今や周知の事実のはず。
なのに何故に防衛省ではアクセス可能なのでしょうか。
防衛省ではDIIと呼ばれる独自のネット通信網が運用されています。
職場のパソコンということなので、そのDII経由で2ちゃんねるを閲覧していた
ということなのでしょう。
当然組織内におけるネットワーク使用状況などは検閲の対象になっていることは
ほぼ間違いないと思います。
ファイル共有交換ソフト絡みで深刻な情報漏れが続く防衛省なだけに神経質に
なるのは自然な成り行きともいえます。
2ちゃんねるファミリーが撒いたウィニーという名の餌に飛び付く隊員が続出。
そして見事なまでに美味しいレアモノをゲットさせる代わりにレアモノ防衛秘密を
2ちゃんねるファミリーに献上し続けました。
情報流出させた隊員の皆様方には学習能力というものがないのか。

ウィニーによる情報漏洩事件が続出する前後には、ベストタイミングで
一太郎、エクセル、ワード、パワーポインターといった、政府機関御用達ソフトを
狙った局地型ウィルスが流行り始めてた時点でウィニーの本当の存在目的に
誰でも気づけるはず。なのに何故これほどまでにウィニーを信頼できるのか?
私には理解し難いものがあります。

2ちゃんねる内には、自衛隊板という板があります。
当然2ちゃんねるなので、荒れています。それも荒れ方がいやらしい。
最近は、多少荒れ方に陰湿さは減ってきてはいますが、荒れています。
自衛隊板では、とにかく煽り屋による思想扇動も活発に行われています。
とくに目につくのは、全国の基地、駐屯地、自衛艦との間で、隊員同士で
対立させ、そして争そわせようというトラブル扇動の動きが見られます。
例えば、自分は○○駐屯地の隊員だけど、あの○○駐屯地の隊員はクズ
ばかりだと書いてみたり、自分は海上自衛隊の隊員なんだけど、陸上自衛隊の
人間はバカばかりで生きてる価値も無いとレスしたり、当然、対象の隊員が
そのレスを見れば「んあぁ!?」と眉間にシワを寄せながら、本物の隊員が
反論してくる可能性が高い。
下手に喧嘩の仲裁でもしようとすれば、煽り屋達が仕事の邪魔をするなと
言わんばかりに茶化してくるか、さり気無くアクセス規制をかけてきます。

軍隊等の組織は、団結してナンボ。
普通に考えれば、仮想敵国の軍隊を仲間割れさせて得する対象は昔から決まってます。
自衛隊員の士気も低下させられ、組織職員の精神バランスも乱すことができます。
どんなに近代化した軍隊とて血の通った人間集団。
こうした精神面でのアンバランス化はジワリ、ジワリと組織を蝕んでゆきます。

他には、女性自衛官の個人情報晒しも頻発しています。
とにかく晒せ晒せと煽り屋達が、2ちゃんに来ている隊員を言葉巧みに煽り、
調子に乗らせ、そしてまんまと誘いに乗せては問題ある発言や内部情報を
書き込ませています。

そして書き込ませることに成功したら、大喜びに「通報しますた」「記念パピコ
などと大騒ぎして場を盛り上げ、アクセス(広告料)稼ぎをするわけです。
おまけに内部情報の収集も同時にでき、一石二鳥。
自衛隊板以外の公機関(警察等)の板でも同じスタンスの煽りが日常です。
○○の省庁の人間はアホの集団だとかなんとかという論調が大半を占め、
仲間内で争いごとを誘発させたくてウズウズしている煽り屋が大勢います。

ちなみに「通報しますた」といった書き込みは一見、犯罪予告を批判又は否定している
かのように思われるでしょうが、この世界では逆の意味をもち、列記とした煽り言葉です。
犯罪予告の書き込み者は、騒がれれば騒がれるほど、批判されればされるほど
彼等は快感に浸り至福の一時を感じる生き物です。
まして部外サイトやメディア等でニュースとして取上げられた日には、自分が英雄にでも
なったかのような充実感を覚えるというわけです。(例外も少数ありますが)
予告犯罪予備群は、基本的に自己顕示欲の塊なので、下手に騒げば模倣犯を生みます。
ネットの世界では、書き込まれた文書のまま認識するのは愚か者のすることです。
ネット内の文書は目で読むのではなく、で読むもの。

また、○○県の県民はキチガイばかりだとか、○○県民vs○○県民、省庁vs省庁、
支店vs支店といったように、とにかく必死に仲間割れの構図を強引に作り上げようと
してきます。そのほうが掲示板側にとって何かと好都合だからです。

普通」に2ちゃんねるをコミュ二ティの場、情報収集の場と認識した時点で
2ちゃんねるの思う壺。
皮肉なことですが、2ちゃんねるを情報収集の場として利用可能な人間は
2ちゃんねるの「正体」と「本質」を知る者だけです。
2ちゃんねるを本心で、健全な場所、又は市民ジャーナリズムの砦などと
認識している者には100パーセント無理だと断言できます。
そういう人間は、2ちゃんねるのサクラ稼業に上手い具合に踊らされ続けている
だけであり、自分は嘘を嘘と見抜ける上級者だとオダテられているだけだと
早く気づいて欲しい。

市民の本音を知ることのできる究極のメディア?
そもそも、そんな都合のいいメディアなんてあるわけないんですよ。
現実を見ましょうよ現実を。うまい話には裏があると今までに聞いたことあるでしょ?
本当の悪徳権力者達は、皆様が想像している以上に、一枚も二枚も上手なんです。
そんなメディアがあるなら、あの手この手でとっくに先手を打たれて潰されてるはず。
それに、そんなメディアが本当に機能しているのなら、今の世の中、もっとマシな
世の中になっているはずです。

反2ちゃんねる活動者の一人として、公的機関等の職員に忠告しておきます。
悪いことは言わない・・・

2ちゃんねるから離れたほうがいい。

2ちゃんねるは、少なくとも我国にとってプラスになる存在ではない。
とりあえずは距離をおいたほうがいい。

そう・・とりあえずそうしてみることをお勧めする。
騙されたと思ってとりあえず。



もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済


社会問題

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。