人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

15:貴方だけの小さなゲリラ戦を展開しよう。

2006/08/29 (Tue) 00:40
2chhhhhgf03.jpeg

貴方だけの小さなゲリラ戦を展開しよう。

匿名権力「2ちゃんねる」は資金 技術力 人脈などは
個人レベルの域を遥かに超える存在です。

表向きは西村博之の個人サイトという形になっていますが
その実体は企業や大掛かりな情報機関と同じ性質を持つ組織体です。
このことはインターネットを長く続けている者であれば
誰でも自然に認識に至ることです。(嫌でもね)

そんな相手にマトモに戦いを挑んでも最初から勝負は見えています。
まして相手組織が目に見える組織なら勝機もあるでしょうが
敵構成員の約9割が匿名で、その手段も基本的に手段を選ばない
なんでもあり」をスタイルにする者達となれば更に戦況は厳しい
ものになるでしょう。

相手は目に見えず神出鬼没 グループ間で連絡を取り合いながら
まるで訓練された軍隊のように貴方に襲い掛かります。

そんな相手と我々一般市民はどのようにして相対すればいいのか?
リスクが少なく、誰にでも簡単に実行可能な戦い方を教えます。



【今後の反2ちゃんねる活動は水面下が基本】

この私も反2ちゃんねる活動者ですが、皆さんの目にはブラウザを
通し常に私のハンドルネームは見えていることでしょう。
このように誰の目にも見える活動は当然2ちゃんねるから狙われる
リスクを帯びるわけですが、こういった活動のみが反2ちゃんねる
活動の全てではありません。
あくまで、こうした広報的な活動はある程度の知識と経験が必要なため
俄仕込みの知識だけでこうした活動を行えばたちまち2ちゃんねるに
ボコられてしまうでしょう。
2ちゃんねるは情報戦術のプロ集団です。アマチュアの我々が同じ
土俵上で打ち勝てる相手ではありません。

こうした戦力差を悲観し反2ちゃんねる活動が行えない又は協力
できない人はどうすればいいのか?
それは相手の目に見えない形で行えばいいのです。
警察や公安などへの情報提供は郵送や直接持参してゆけば
メール盗聴などで敵に察知される心配もありません。
手渡しにする際には必ず担当者の氏名をメモるか名刺を貰って
おきましょう。
万が一、敵に情報が漏れている兆候があれば、その人物がミスったか
2ちゃんねるとの内通者が警察内部に居るかのどちらかなので
今後の作戦の立案に活かすことに繋がります。
情報の漏れのポイントと敵スパイの配置さえ解れば、今後は何を
すればいいのか検討する材料にもなります。

ハンドルネームは見えても、その人物の正体が分からなければ
結局匿名と同じです。
反2ちゃんねる活動者も然り。
反2ちゃんねる用のハンドルネームは状況に応じて何時でも
捨てられる心構えでいましょう。

相手からは一切見えないステルス戦術は、敵に大きなプレッシャーを
与え続けます。
2ちゃんねるもこの方法によって今まで市民を恐怖のどん底に
陥れてきたのです。今後は彼等(2ちゃんねる)にもその恐怖を
味わって頂きましょう。
私達、一般市民の一人一人が即席の秘密工作員となり徐々に
2ちゃんねる一門を追い詰めてゆくのです。

皆様には各職業 各得意分野があると思います。
こうした専門知識等を活かし、自分にできることを各人で行い
貴方だけの小さなレジスタンス活動を始められてはいかがでしょうか。

直接的に「2ちゃんねる反対~~!」をやれとは申しません。
2ちゃんねる陣営に感知され難いレジスタンス活動も可能です。
間接的に2ちゃんねるにダメージを与える方法だってあります。
頭を使って下さい。

ただし人それぞれに、やれることと、やれないことが有るので
自分にしかできないこと そしてできる範囲のことを皆さんに
やって頂きたいのです。

しかし、水面下の活動だからといって明らかに違法な行為や
無関係な方々に迷惑をかけるものであってはいけません。
あくまで合法的な範囲で秘密活動を行って下さい。

ISP マスメディア 各企業などの関係者様方も2ちゃんねるの
利益に繋がるプロジエクト等には加担しないで下さい。
後から2ちゃんねるの本質は知らなかった・・・で済まされる
問題ではないのです。
2ちゃんねる側に詰め寄られた際を想定し相手に不自然と思われない
ような口実を予め作っておくことをお勧めします。
断る理由はいくらでも作れます。

一般ユーザーからの信用」を勝ち取るか それとも悪魔に魂を売って
目先の利益に噛り付くのか・・・
どちらが貴社様にとって有意義でメリットがあるのかを冷静に判断
される時ではないでしょうか。
客の信用を取るか、2ちゃんねるの負の権力を取るか、選ぶのは
皆様自身です。もっと大局的かつ将来性を長い目で判断されるのが
ベストではないでしょうか。

大丈夫 2ちゃんねる関係者の前ではニコニコと笑顔を振りまいて
いればレジスタンス活動がバレることはありません。
行動が大規模化し過ぎるとバレ易くなるので注意が必要です。
社内に2ちゃんねる信者や関係者が混じっていると掲示板で
晒される可能性があるのでメンバーは厳選し少数精鋭制で
臨まれるのがベストかと思われます。

ゲリラ戦にはゲリラ戦で対抗するのが一番です。
近代兵器と圧倒的な物量を誇る大国アメリカも硫黄島の戦いや
ベトナム戦争など神出鬼没に立ち回るゲリラ兵を前に大苦戦を
したという史実があります。私達も即席ながら小さな小さな
ゲリラ戦を展開してゆこうではありませんか。
活動の規模が小さければ発見もされずらいものです。
しかしその小さな活動がジワリジワリと敵に利いてきます。

インターネットの利点を我々もフルに活用しないと到底彼等には
太刀打ちできません。
匿名の利点で今まで散々美味しい想いをしてきた2ちゃんねらー達
ですが、次は私達もその美味しい利点を活かす時ではないでしょうか。
彼等は今まで匿名文化の素晴らしさを強く主張し続けてきました。

その主張に偽りがないのなら、彼等自身が身をもってその匿名の
素晴らしさを体験して頂こうではありませんか。





もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking
インターネット

≪前の記事 現在の反2ちゃんねる系募集情報
≫次の記事 攻撃型ウォッチサイトへの対処

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。