人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

21:2ちゃんねらーの心理戦対策

2006/12/09 (Sat) 02:20
2ちゃんねらーの心理戦対策。

悪質な2ちゃんねらーはランダムに選んだネットワーカーを
攻撃しているのではなく、ある条件を満たしている者に対し
攻撃を加えにやってくる傾向があります。

凶暴な2ちゃんねらーを引き寄せる条件とは何か?
どんなタイプの人が狙われ、どんな人が深刻な被害に遭いやすいのか?
私が見てきた被害例や経験論から考察したことを元に語りたいと思います。

質な2ちゃんねらーの多くは心理戦のエキスパートです。
相手の考えていることや、感じている事、行動などを読み取り
どんな攻撃を加えれば大きな心的ダメージを与えられ、加害者の
望む行動をターゲットに行わせることができるのかを彼等は
専門知識とノウハウを駆使してターゲットを心理的に追い込んでいきます。

その気になればターゲットをキーボード捌きだけで自殺に追い込むなど
間接的かつ合法的に殺害することも可能です。
加害活動の経験が豊富な2ちゃんねらーは法律専門家顔負けの知識に
加え、ネンターネットで飯が食えるだけの技術的な専門知識を保有する
筋金入りのサイバーテロリストでもあります。

こんな連中が何も知らない一般ネットワーカーに襲い掛かってこられたら
絶対に防衛は不可能だと諦め、2ちゃんねらー達の要求を泣き泣き
受け入れざる得なくなっている方々も大勢いらっしゃると思います。

しかし2ちゃんねらーとて人間、当然警察にお世話になりたくないし
裁判沙汰にもしたがりません。
いくら脱法処置をしながら攻撃をしてきても裁判にでもなれば
発信者情報が開示されるなどして素性がバレる可能性があります。
勝訴したとしても個人が割り出されるだけで大きなダメージ。
匿名を最大の武器とする2ちゃんねらーにとってネットワーカー
生命を奪われるに等しいものです。

ボス(博之)が発信者情報の開示を拒否し続けても限界は必ずくるはずです。
彼等とて万能ではないのです。
だから彼等は自分達の弱点を補うためターゲットが裁判を起こしてくる
だけの行動力と財力のある人物なのか、挑発などの煽りに乗せられやすい
タイプなのかを様々な方法を用いて探りを入れてくるのです。

その結果を元に相手を攻撃するための適切な作戦を立案し行動に
移してくるのです。
彼等は一見、単なる精神異常者か寂しがり屋の掲示板荒しに見えますが
人一倍神経質で几帳面さも併せ持ちます。
相手に自分にとって都合の良い行動をどう取らせるのかが彼等の
ネット活動における基本戦略です。それが心理戦というものです。

ならば我々防衛する側の人間がいかに敵の望まない行動を
取れるのかが運命の分かれ道となるでしょう。
下に示すリストは心理戦において2ちゃんねらーが好んで攻撃する
対象をリストアップしたものです。
過去の被害経験情報などを元に作成したものです。

【2ちゃんねらーが好んで狙うタイプ】

1.優しい人
(理由)悪質な2ちゃんねらーは人の優しさにつけこんできます。
相手の良心や正義感を言葉巧みに揺さぶることで
嫌でも2ちゃんねらー側の要求や主張が拒否できない
心理を抱かせてきます。

2.他人をあまり疑わない人
(理由)悪質な2ちゃんねらーは基本的に詐欺師です。
相手を信用させるためにありとあらゆる騙しテクニックを
駆使して個人情報を引き出させたり、わざと捏造した資料や
情報を提供するなどして相手を落とし入れたりしてきます。
当然騙し易いタイプとしてこれほどの鴨はいません。

3.神経質な人
(理由)嘘・ハッタリは悪質2ちゃんねらーの商売道具です。
神経質な性分の人はちょっとした嘘にも惑わされ
敵の不安を煽るハッタリにも敏感に反応してしまいます。
「お前の個人情報は掴んだ」「お前の家族の写真をネット上に
バラ撒いてやる」など、有りもしないものをバラ撒く等の
ハッタリに動揺し冷静さを失ってしまうようでは敵2ちゃん
ねらーの思う壷です。神経質さをネットセキュリティの面で
活かせば大きな威力を発揮しますが、そのセキュリティが
しっかりしていないと無用な不安を抱えてしまうことになります。

4.社会的地位の高い人物(多くの市民が注目する立場にある人物)
(理由)大学の教授 芸能人 議員 上級公務員等の公職や著名人など
ちょっとした不祥事でその地位を失いかねない立場の人は
当然流れるデマや名誉を著しく損なうものに対して神経質に
なるのは当然です。
2ちゃんねらー達はその相手の置かれている立場に目をつけ、
どんなデマを流せば相手に致命的ダメージが与えられるのかを
模索しています。相手が大切にしているものを傷つけることに
無上の喜びにしている者達にとって、絶好の獲物です。

5.精神疾患を抱えている人(メンヘラーとも呼ばれる)
(理由)精神疾患を抱えている人に、正常な精神状態の人が音を上げる
心理戦に病を抱えている人が耐えられるわけがありません。
それなりに煽れば自殺に追い込みやすい対象として好んで
このタイプのネット人に狙いを定めてくる傾向にあります。
メンタルヘルス板に何も知らずに集まってくるメンヘラーを
言葉巧みに煽って自殺に誘おうとする2ちゃんねらーの姿を
頻繁に見かけます。

6.真面目な人
(理由)日頃、堅物で真面目な人ほど、2ちゃんねる被害を受けた時
派手に取り乱すことが多く、叩きネタも提供し続けてくれるので
彼等はこの手のタイプにはチャンスとばかりに攻撃してきます。

7.ネット初心者
(理由)クラッキング、釣り、パス解析、不正アクセスなどなど
好きなだけできる相手として2ちゃんねらーは好んで攻撃します。
2ちゃんねる上で「ネットの経験が浅いので誰が教えて下さい」と
尋ねるのは自殺行為です。
美味しいカモがやってきたとばかりに嘘を吹き込んだりして
ド壷にハメられることが多いです。

8.女性ユーザー
(理由)女性は機械類に疎いことが多く、「7のネット初心者」同様の理由で
ターゲットにされることが多いです。
プロフィールなどには極力性別は書き込まないほうがいいでしょう。
女性と知った途端に、親切な人物などを装って言葉巧みに個人情報
を聞き出そうとしてくることが多いです。
うっかりその人物に騙されてメール交換などで住所等を
教えてしまうと2ちゃんねるに貴方の情報が書き込まれるなど
誹謗中傷の材料にされる可能性があります。

9.子供
(理由)2ちゃんねらーは相手が子供でも容赦しません。
子供だと知れば喜んで攻撃の手を強めてきます。
弱い対象を心理的に甚振ることを無上の喜びにしている
彼等に慈悲という文字はありません。
「社会勉強させてやってるんだ」「鍛えてやってるんだ」など
一見最もな理由をつけて攻撃しまくります。

10.何らかのコンプレックスを持つ者
(理由)相手が最も気にしていること、これも悪質な2ちゃんねらーが
欲しがる情報です。
相手の弱い部分を攻撃したほうが心理戦において効果を生むのは
当然です。
容姿 学歴 職業 身体的欠点 過去の過ちなどは2ちゃんねらー
にとって絶好の叩きネタです。コンプレックスな部分を攻撃すれば
相手は激怒しやすく冷静な判断を失わせることもできます。


【対策】

心理戦のエキスパートでもある2ちゃんねらーはランダムで攻撃対象を
選んでいるわけではありません。
心理攻撃の効き易い相手を選び、各個人の性格等に合わせた戦術を
使い分けながら攻撃してくるのです。
だからその作戦の立案や、心理攻撃の有効性を感じさせるような
データーを2ちゃんねらーに与えないことが大事です。

2ちゃんねらーはターゲット候補者から情報を得るために
ブログやサイトのプロフィールや個人情報が割り出せる日記等の
コンテンツなど、隈なく読みまくります。
更にガードの固い相手には善人を装ってメール交換を申し込んで
くるなどして、さり気無く情報を伺ってきます。

こうした2ちゃんねらー達の行動を私は「偵察機」と呼んでいます。
この偵察2ちゃんねらーへの対策をしっかりすれば彼等に攻撃の隙を
与えずにすむでしょう。

自分に何らかの心的弱点があったり、コンプレックスがあったとしても
それを絶対にネット上に公開してはいけません。
自分が女性であっても絶対にそのことは書かないほうが無難です。
女性の方でも男性を装っているだけでも有効な予防策です。
嘘も何とかと言います。万が一に備えて怪しい偵察機の疑いの有る
人物に対して、架空の個人情報を伝えて様子を窺うという戦略もあります。

とにかく自分の弱味は絶対に公開してはいけません。
自分が精神疾患を抱えているとか、暗い過去をもっているとか
自分の交友関係などは禁物です。

自分に弱点が多くても、ハッタリでもいいのでタフネスさを
アピールしてもいいでしょう。
しかし見え見えのハッタリだったり、矛盾が多く誰にでもバレる
ハッタリは反って相手に弱点を教える形にもなるので、演技力に
自信の無い人にはあまりお勧めはできません。

相手も演技派のネット荒しです。下手くそな素人演技はすぐ見抜かれます。
バレバレの自作自演なども禁物です。
相手はそっちの方面での本職だというのを忘れてはいけません。

相手の心理攻撃を受けても痩せ我慢して涼しい顔でいることも大事です。
動揺していたり、感情的になっていると敵は自分の攻撃が効いていると
判断して更に攻撃の手を強めてきます。

痩せ我慢しなくても素で攻撃を受け付けない人なら演技力は必要ありません。
そのまま毅然とした態度で自分の主張したいことを好きに書き綴って下さい。

敵はこまめにアクセス解析を見ながら、ターゲットが2chや
自分の管理する攻撃型ウォッチサイトを覗きに来ていないかを
観察しています。
見に行かないと決めたら本当に行かないのが無難です。
どうせ見に行ってもロクなこと書かれてないのは必定。
ならばとことん無視しましょう。

敵のアクセス解析にターゲットの足跡が残っていると敵は大はしゃぎして
攻撃を強めてくるでしょう。
書き込まなくても見に行くだけで敵にこちらの心理状態がバレます。
見に来ているということは相手は動揺しているか気になっているのかの
どちらかだからです。
敵2ちゃんねらーは相手に見てもらわなければ心理戦に持ち込めません。
わざわざターゲットにメールや掲示板の書き込みで中傷現場を
通知しにくるのもそのためです。
その効果測定の材料としてアクセス解析がよく活用されています。

無視」という対応は簡単に見えて実は難しいんです。
でも慣れてしまえば気分の切り替えができるようになり、さらに
開き直ることもできるようになります。

とにかく「無視」することに慣れることが大事です。
とにかく慣れましょう。




もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体


社会問題

≪前の記事 NHKの放送が示したもの
≫次の記事 NHKへの情報提供を御願いします。

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。