人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

29:2ちゃんねる関係者に目をつけられたら。

2007/03/08 (Thu) 23:26
firefoxkju.jpg

悪質な2ちゃんねらーのためだけに貴重な時間とカネを使うのは
馬鹿らしいと思ったら、フリーソフト等のテクノロジーの力を
借りるのも選択肢の一つ。
とにかく最善を尽くして自分の権利と大切な人を守るため
戦い抜きましょう。




2ちゃんねる関係者に目をつけられたら。

悪質な2ちゃんねらーに自分は絶対に襲われないという考えは
絶対に捨てて下さい。
こうしておけば絶対に2ちゃんねらーに襲われないという確実な
定義などありません。
その理由は攻撃する隙が無く、批判される材料の極端に少ない人物で
あっても2ちゃんねらーの巧みな演技力と情報操作技術によって
極悪人に仕立て上げられたら同じ事だからです。

【悪質2ちゃんねらーの役者ぶりを物語る資料】


「モナーそして全てのAAを愛する者」
「2ちゃんねらーの執筆した放火工作文(1~2)」

私が今までに見てきた被害事例の中にも、叩かれるような材料が
ほとんど無い人物でさえもリンチの対象にされていた例がありました。
そんな人物が標的にされる場合はきまって、2ちゃんねるが作成する
世論に異議を唱える発言をしている者であったり、間接的に不都合な
コンテンツ類をサイト等にアップしている場合に発生していました。

「火の無いところに煙は立たぬ」とは言われますが
火がないなら放火してしまえば同じことです。

ハッキリ言って放火(謀略)はムチャクチャ簡単です。
その放火に必要なものは一台のパソコン(燃えるもの)と匿名(ガソリン)
そして悪意(マッチやライター等)です。
これだけで何も罪も無い人間を炎上させ、社会的に葬り去ることが可能です。
それも一人かつ短期間で十分可能なレベルではないでしょうか。

今回の記事はその悪質な2ちゃんねらーの得意技の一つ「放火」から
皆さんの家宅(人権や名誉)を守るにはどうすればいいのかを
私の見てきた経験や今までの被害例をもとに考えたものの一部を
今後のエントリ等で紹介してゆきます。

今から紹介する対策はごく一般的な荒し対策に、2ちゃんねらー特有の
荒し手口を想定したものです。
奥の手的な対策も複数ありますが、それを公開してしまうと敵はそれを
基に新たな攻撃手法を考案されてしまいイタチゴッコになるので
公開は致しません。

敵の手口は驚くほどに巧妙なので、各人で独自の対策を考案し
それをミックスすることで貴方だけの危機管理知識を習得して下さい。


【ちょっと進んだ無視のテクニック】

荒しには無視」が定番ですが、その無視という行為は相手がアマチュア
の荒しと、プロの荒しとでその難易度が大きく異なります。
アマチュア相手の場合は適当に無視していれば数週間 長くても
1年未満で収まる場合が多いです。
天然のネット荒しには繊細な性格を持つ人が多い傾向にあるので
荒しの年齢がまだ若く、2ちゃんねる思想の影響をまだ受けきってない
場合は自己是正してくれる場合もあります。
更に呼び掛け方次第では意気投合して掛替えの無い「友人」として
貴方の強い味方になってくれる場合さえもあります。

しかし相手が煽り屋(プロ固定又はプロ名無し)の場合は無視してても、
あまり効力は得られません。当然説得も不可能です。
彼等は、2ちゃんねるや攻撃型ウォッチブログなどを作成してターゲットの
名誉を失墜させるための街宣活動を長期間行い続けます。
その期間は短くて2年前後 長くて4年以上にもおよびます。
ターゲットが気づかないうちに、リンク仲間や立ち寄るサイトの管理人へ
メールや掲示板などによって様々な情報を吹き込んではターゲットを孤立
させようとしてきます。
煽り屋は小説家顔負けの高い文書演出力を持つ役者揃いです。
その演技力と人間の心理を巧みについた洗脳術で、経験の無い大人は
難なく騙されるでしょう。

相手がこうした職業2ちゃんねらーの場合の対策としては、煽り屋の
情報操作の裏をかく必要があり、巧みな心理戦にも対処しなければ
煽り屋を本部(2ちゃんねる)に撤退されることは難しいでしょう。
彼等は趣味でやっているのではなく、「仕事」です。
報酬のためにはいかなる労力も惜しまない。それが煽り屋というものです。
たまに同等の働きをするアマチュアの信者と思われる者達もいますが、
自らの2ちゃんねるに対する忠誠心や貢献度などをアピールすることで、
2ch幹部達からの招待書を期待する者達ではないかとも考えられています。

無視とは言っても口で言うのは簡単ですが、実際にやってみると
信じられないほど困難な対策だというのに気づかされるでしょう。
無視したくても無視できないように煽り屋はターゲットの心理状態を
読み取り、それに応じた作戦を行ってきます。
2ちゃんねるや自分の管理する攻撃型ウォッチサイトにカモを誘い込む際、
親切な通報者を装った者又はお節介な一般人がターゲットにメールや
ブログ等へのコメントなどによって中傷スレッドのアドレスを教えにくる
ことがありますが、ついついその示されたアドレスを直接クリックして
しまわないようにしましょう。

中には検索キーワードを示すことによって間接的に対象スレッドを
教えにくる者もいます。そういった手法で通知に現れる者は
黒である可能性も高いと考えられます。
その理由は、示された検索キーワードを用いて検索エンジンから
直接に対象のスレッドにブラウザでジャンプした場合、敵側のアクセス
解析にどんな検索キーワードでジャンプしてきたのかが記録されます。
つまりカモがどこのサイトから移動してきたのか記録されるからなのです。

カモ本人だけが知る検索キーワードで移動してきた場合は完全に
敵側にカモの個人情報(ブラウザの情報)の一つが捕捉されるという
ことなので検索エンジンを使用する場合には注意が必要です。


例「イチロー」(yahooの場合)

例2「イチロー」(googleの場合)

ブラウズすると送られる情報(参考サイト)

こういった閲覧者のブラウザから発信される情報類を「HTTP ヘッダ」と
呼ばれています。
また 上記のように相手が何処のサイトから移動してきたのかを示す
信号をIT用語でリファラ(referer)と呼ばれます。

皆さんの使用されているブラウザからどんな情報が出ているのかを
確かめるには
診断くんによって確認することができます。
その診断ページの左端にある項目類がHTTPヘッダの種類となります。
その項目の中に「HTTP_REFERERというヘッダ項目があるのですが、
その右側に表示されているのがリファラ(アクセス元のURL)です。

このリファラは敵側の欲しがる情報の一つというわけです。
他のHTTPヘッダ情報も合わせてゲットされると貴方の追跡や
クラッキング等の布石にされる可能性があるので軽はずみな
URLのクリックは可能な限り避けたほうが無難です。

これらのHTTPヘッダを解析することで相手にターゲット本人が
2ちゃんねるの中傷スレッドや攻撃型ウォッチサイト等を見に
来ているのか敵側に解かってしまうわけです。
もちろん対象が2ちゃんねるなら、そういったアクセス解析が
閲覧できる者は2ちゃんねるの運営スタッフ以外に有り得ません。

彼等は何としてもターゲットを2ちゃんねるに誘い込もうとしてきます。
そうした挑発などは徹底的に無視しましょう。彼等の行う挑発は一種の
誘い」と考えて間違い有りません。 つまり「」です。
見に行かないと一旦決めたら絶対に最後まで見に行かないことが大事です。
うっかり覗いてしまい、アクセス解析に貴方の足跡が記録されると
煽り屋達は「獲物ゲットだぜ!」とばかりに中傷作業を活発化させてきます。
気をつけましょう。

これは2ちゃんねるに限らず、煽り屋が開設する攻撃型ウォッチブログ等
に対しても同じ対応が求められます。


攻撃型ウォッチサイトへの対処

攻撃型ウォッチブログにはほぼ確実にアクセス解析が設置されています。
これは獲物が自分のブログを閲覧しているのかを確かめたり自分の誹謗中傷
作業をどれだけの人が閲覧し、ターゲットの悪評をギャラリー達にどの程度
信じ込ませることに成功しているのかを測定する材料にするためでもあります。
更に警察のサイバーパトロールなどが自分のブログを閲覧していないかを
確かめ、護身用のレーダー又は監視カメラ的な役割もあると考えられます。

ただ、どうしても自分の中傷内容を知りたい又は証拠を保存したいと
お考えの場合は、自分を半ステルス状態にして閲覧するという手もあります。

プロクシを通して閲覧するのも有効な方法ですが、精度の低いプロクシだと
ブラウザ情報が漏れてしまうこともあるので中途半端なものを使うくらいなら
ネットカフェや、ネット可能な漫画喫茶などに出向いて情報収集するのも
いいでしょう。
その際、店舗によっては、Internet.Explorerを立ち上げると、その店舗の
ホームページにデフォルトでセッティングされてる場合があります。
大半はヤフーやグーグルのポータルサイトに設定されてあるのですが、
たまにその店舗のホームページに固定されていると、ブラウザのアクセス
経歴が残っているため一発で敵にどの店舗から閲覧されているのかが
バレます。
店舗によっては「○○カフェ○○店」と住所 電話番号にいたるまで
表示されている場合もあるので危険です。

必ずブラウザ(Internet.Explorerの例)を立ち上げたならば、画面上部にある
「ツール(T)」というところをクリックし「インターネットオプション」
を開き「ホームページ」というところの「アドレス(R)」の欄を
「空白を使用(B)」に設定しておいてもいいでしょう。

その後に「インターネット一時ファイル」という項目のなかの
「Cookieの削除(T)」をクリック その後に「経歴のクリア(H)」という
場所もクリックし、最後に「OK」というところをクリックしてツールバーを
一旦閉じ、同時にブラウザも閉じましょう。
これでアクセス経歴は削除され、敵に何処のホームページから移動してきた
のかがバレづらくなるでしょう。

また フリーのフィルターソフトを導入してHTTPヘッダの流失を
抑えるのも有効です。
下記に示すフリーソフト「プロクスオミトロン」(通称・オミトロン)なら
リファラを始め、各種クッキーの流出を多少抑えることができます。
エネミーライン(安全地帯と危険地帯の境界線)を越えて一時的に情報収集
したいとお考えの被害者様は導入してみるといいでしょう。
ただし導入に際しての免責はあくまで自己責任で御願いします。
「お前の勧めたソフトを入れたらトラブルが発生してしまった!
どうしてくれる!」という苦情には対応しかねますので予め御了承下さい。


プロクスオミトロンの導入方法(日本語版DLサイト)

インストールするとやや不気味なアイコンが出てきますが怪しい
ソフトではないようですので、ビビらずに操作法を覚えてみましょう。


プロクスオミトロン入門 - パソコン遊戯(参考サイト)

リファラからは、その人物の正体を探るヒントも含まれているケースが
あり、反2ちゃんねる活動を行っている者が、自分の本業ページの
リファラが敵の解析に記録されてしまった場合、貴方の本命サイトに
煽り屋の調査隊が一気になだれ込んでくる可能性があるので、こまめに
ブラウザのアクセス経歴等は削除しておくことが大事です。

敵のスクリプトトラップ対策として上記にアクセス経歴を削除する時同様に

「ツール(T)」というところをクリックし「インターネットオプション」
を開き「プライバシー」という項目をクリックして開きます。
そこで「詳細設定(V)」というところをクリックして「プライバシー設定
の詳細」
という項目を開きます。
すると「ファーストパーティのCookie」「サードパーティのCookie」という
項目があるので左右「ブロックする」にチェックマークをしてから
「OK」をクリックして閉じます。

これら一連の操作が面倒くさいという人は狐くん(Firefox)を導入するのも
有効な対策です。「プライバシー情報の消去」機能でワンタッチ削除が可能。


Firefox(ファイアフォックス)

ただしこれは敵に閲覧した際の足跡が残らないわけではなく残ります。
これらの処置はあくまで、万が一、敵側にブラウザ内の各種保存記録が
渡らないようにするための処置ですのでお間違えの無いように。

また これらの処置をすると特定のホームページが正常に閲覧できなくなる
場合がありますので、必要に応じてブラウザの設定を基どうりに
戻しましょう。

煽り屋の等級が高ければ高いほど、無料レンタルできるアクセス解析では
なく、2ちゃんねるの技術スタッフが作成したと思われる特製のアクセス
解析を設置している場合もあるのでうっかりその煽り屋の幹部と予想される
サイトにアクセスしないように注意しましょう。
煽り屋幹部はその気になればインターネットの知識で講師ができる
者達と考えていいでしょう。

2ちゃんねる関係者又はそれらと接点を持つ者達が我が国のネット社会に
おいて絶対的な発言権を有している間は、私達一般ユーザーにとってインター
ネット社会全体は敵の勢力圏内
だということを肝に銘じておくべきです。

これは決して言い過ぎた表現ではありません。

今後皆さんは、嫌でもそのことを思い知らされることでしょう。
幸運を祈ります。


【その他のインターネットセキュリティについての参考資料】
海月氏のサイトで、ワンピースのキャラクター達が優しく
インターネットセキュリティの講義をしてくれます。


いんたーねっと 航海の基本

セキュリティ用語集 これを知っていればセキュリティ海の海賊王だ!



もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking


パパ様のブログ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体


インターネット

≪前の記事 反2ちゃんねる活動者の情報の捌き方
≫次の記事 反2ちゃんねる及び協力者様方に連絡致します。

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。