人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

36:反2ちゃんねる活動者としての主張【4】

2007/08/01 (Wed) 17:57
jhjnb

(画像はイメージ)

今現在(19.8.1)において日本のインターネットには
事実上の治外法権のような空間が暗黙の了解のうえに
維持され続けてきた。
それらは全てインターネットの発展のために・・・
しかしその考えは最早時代遅れと言わざる得ない。
市民に対しネットに参入する敷居が下げられてきた今
一部のヘビーユーザー達だけを中心に成り立たない
空間になってきたのだ。
そのことをネット社会の御意見番達は素直に認める
時期にきているのではないのか。

それが新技術の世界に生きる者の定めではないのか。



【2ちゃんねるに関する黒い噂等について】

2ch裏の歴史と噂話と真相

【日本インターネット真相の深層1】はじめに

2ちゃんねるが何処と結託し、様々な陰謀を企てているのか・・など
様々な憶測がネット上を飛び交っています。
当然私達反2ちゃんねる活動者にとって、その内容が飛躍し過ぎていようが
何であろうが、とりあえず情報を片っ端から拾い集めなければなりません。
ネット上のゴミ溜めの中を這って探し物をするような感覚です。
せっかく収集してきて下さった情報を「これはありえんだろ・・」と
先入観任せに拒否し提供者を門前払いしているのでは警察と同じです。
私の知人で某ネット専門家の人から「何が起きていても不思議ではない世界 
それがネット 先入観を捨てろ
」という御言葉を賜ったのを思い出されます。

2ちゃんねらー達は被害者や活動者を嘲笑うかのように、「これは釣りだ」
「釣りだったんです」と勝手なストーリーや噂話を大量に流しながら私達の
目を暗ませて来ます。
こうした彼等の手法を私は「ジャミング」と呼んでいます。
最初から「嘘」と宣言することを前提に敢えて大胆に事実を公開して真実を
嘘っぽく演出しネタ化します。
こうした自衛のためのテクニックもネットの世界には存在しています。
これは2ちゃんねらーでなくとも世界のインターネットで頻繁に使われる
テクニックと伺っています。

もちろんネットの経験の浅い者に可能なテクニックでもなく
少なくとも心理学の心得があり、ある程度の専門知識と経験が必要な
ものであることは間違いないでしょう。
インターネットにおける情報の流れ方にはそんな者達の思惑が見え隠れ
しております。

ネットではそんなテクニックを使えば誤魔化せないものなど無いと
言い切れるほど何でも誤魔化せる世界です。
つまりインチキし放題やり放題ということです。
こんな環境の中でネットの専門知識を持った者が馬鹿正直に誠実に
ネットを使うこと自体、私的には無理があると思うわけです。
例えば、貴方は絶対に落とせない試験があったとします。
試験会場に入り貴方は指定されてた場所に着席します。
すると貴方の前に置かれた机の上には何者かが書き込んだと思われる
対象試験の回答全てが記されていました。(有り得ませんが絶対に周囲
には見えない方法で記されていたとします)
貴方はその記された回答に試験中に一切目を向けず試験をやり終えることが
できますか?(たぶん私は無理です 意思が弱いもので・・汗)

これが絶対にできると言い切れる人はネットの匿名社会で良心を
最後まで貫ける人だと思います。
こういった人達ばかりなら2ちゃんねる派の人々が主張する無法地帯での
匿名性維持の論理が正当性を帯びてくるわけですが、あまり現実的とは
思えないのが私個人の考えです。
さらにその理想を唱える彼等自身の行動によってその考えは現実的
ではないことを証明しています。
口先で自らの思想を語り、自らの思想を自身の行動によって否定する。
2ちゃんねる派の人々には口で正論を語ってても行動で語れない人が
あまりにも多すぎます。

彼等は一体何をしたがっているのか私のような凡人にはまったく理解
できないわけです。
それをたんにストレスの発散としてのガス抜きだから気にするなと
言ってみたり、誰が言ったかではなく何を言ったかなのでその意見を
真剣に受け止めるべきだとか、コロコロと主張を都合よく変えては
一般人を振り回すばかり。
それだけならまだ問題は大きくならないのですが、そのコロコロと
変調する意見に「そうだ そうだ そのとおりだ~~~!」と言わんばかりに
何故か教授やら弁護士やらジャーナリストやらと凄い肩書きを持つ人々が
復唱し始めます。思わず首を傾げたくなる今の日本のネット社会です。

そんな理解に苦しむ言動が飛び交うゆえに、様々な疑惑や憶測が
人々の間で生まれ易い環境を作っているのかもしれません。
理解できないものはどこまで行っても理解できないものです。
といいますか・・・人々に迷惑を掛けることの正当性を理解しようにも
一般人には厳しいものがあるわけです。なにより理解したくもありません。
彼等が強く望む、
私的制裁の正当性などもそれに該当します。

理解できないものは、憶測や陰謀論などの解釈によって逃げる」という
2ちゃんねる派の言い分には一理あります。
確かに逃げているのかもしれません。あれだけ彼等の行動や発言に
矛盾点が山積みになれば逃げたくもなります。
「プロ固定制度」の疑惑にしてもそうです。疑われたくないのなら
何故わざわざ専用サイトまで構築して真実ですと言わんばかりに
街宣する必要があるのか。

プロ固定の最高幹部の疑惑が囁かれ困っていたネット犯罪専門家が
いらっしゃるのですが。
自分の掲示板で、自分への疑惑を深めかねない仲間の釣り行動に
「わ~~い♪」と言わんばかりに一緒になって喜んでいるという妙な行動。
自分は潔白だと反2ちゃんねるに信じてくれと強く訴えかけている
くせに、モロ疑惑を深めかねない釣りネタを共に楽しんでいる。
私が彼の立場なら、自分を陥れかねない釣りネタを出してきた仲間を
その場で張り倒します。普通は怒るところを喜ぶ幹部疑惑の男。

プロ固定制度が本当にたんなるネタだったとしても、こうした釣りで
心に深い傷を負った被害者達を煽り、ゲラゲラと嘲笑っていたことは
紛れもない事実になるわけです。


kjhyu

博之がプロ固定に報酬を渡しているという写真
どうみても被害者をおちょくっているとしか思えない。
彼等にとって2ちゃんねるでの中傷はお遊びでしかないようだが、
被害者にしてみれば人生を左右しかねない大問題である。
他人の痛みを一切知らずに生きてきた者達だからこそできる
笑えないジョークである。



自分達で疑惑を広めといて、それを信じた被害者達を馬鹿だと批判する・・
あまりにも無慈悲で陰湿な行為にあたるのではないでしょうか。
嘘を嘘と見抜けない人間が悪いとは言っても、嘘を広めた人間は
悪くないという考え方も変です。

釣りは2ちゃんねるの文化だと言い張るのなら、2ちゃんねるの中だけで
やければ済むことです。わざわざ無関係なサイトにまで出張ってきては
釣りだ釣りだと紛らわしい情報を垂れ流すのは迷惑でしかありません。
誰でも識別可能な範囲の釣りならまだしも、情報処理のプロですら識別が
困難なものを、一般人に見抜けというほうが厳しいというものです。


釣り工作文(解説)

それを見抜けなかったからどうのこうのと、チャンスとばかりに
バッシングを繰り返す2ちゃんねる派のインテリ様方には
自分が悪い意味でウザイだけの人間になっていることに早く
気づかれるべきです。

結局こうした人達の顔色を伺い、今後記事を執筆していけば無難にネットで
支持されていくというわけです。下らん世界ですが、これがネットの
理想の形だと専門家が言っているのなら仕方の無いことなのかもしれませんが。

話を戻しますが、2ちゃんねるのあまりの矛盾の多さゆえに様々な
組織との繋がりや疑惑が囁かれているのですが、限りなく事実に近いものや
たんなる噂程度のものまで列記すればキリがないほどです。
中には公開することで社会的影響が危惧されることが予想されるため
非公開扱いの垂れ込み情報もあります。

これらはとりあえず、参考程度に頭に留めておき、他の情報と機会が
あるごとに照合してゆきます。
しかし私達反2ちゃんねるは所詮素人集団に過ぎません。
検察や報道機関のようにはいきません。能力以上のことはできないので
疑惑等を結論に導くことは事実上不可能と考えます。

ならば何故私達反2ちゃんねるはこんな無意味と思えるような活動を
行っているのか疑問を持たれることでしょう。
しかしこれにもちゃんと意味があるんです。現時点ではその概要は
説明できませんが、その時が来れば書きたいと思います。

疑惑レベルのものを公開することは名誉毀損にあたると2ちゃんねる派
の人々は私達を批判していますが、これもまた矛盾だらけです。
疑惑レベルの段階で個人への私的制裁を良しとする彼等の主張とは
思えません。匿名での告発の利点を高々と掲げる彼等も、自分達が
告発の対象になった途端に名誉毀損だと騒ぐのも変な話です。
こういうのを口で正論を語り行動で正論を否定するというんです。
(言行不一致ともいう)

日本で2ちゃんねるが規制の対象にされたとき、私達反2ちゃんねるも
規制の対象になるでしょう。
つまり反2ちゃんねるは2ちゃんねると運命共同体なわけです。
私の活動スタイルは2ちゃんねるからヒントを得たもので、
2ちゃんねらー達の誹謗中傷レベルをパワーダウンさせ、彼等特有の
下品さを省いたノウハウを私がそれなりにアレンジしたものです。

2ちゃんねらー達の相手を痛めつけるためのノウハウは結構完成
されたものと言えます。無駄も無く効率的です。
結構敵勢力から学べることは数多くありました。
逮捕されるチンケ2ちゃんねらーからは学べるものはありませんが
それらを上手く自分の手を汚さずに煽りきる心理テクニックと
仲間との連携プレイには一種の練度を感じます。


こうした役割を担う2ちゃんねらーのことを煽り屋とよんで
いるのですが、この者達が2ちゃんねるの運営スタッフを兼務する
プロ固定 いわゆる専業のサクラとして知られている存在を指します。
こうした疑念を人々に抱かせるものが2ちゃんねるの現状にはあります。
ただの一般利用者にしてはその手法の手が込みすぎていることと
日頃から高圧的な態度を取る削除人達ですら、その自称・利用者には
敬語で対応していたり、ただの一般利用者のはずの2ちゃんねらーに
先輩格と思われる2ちゃんねらーが「サボるな」と話していたりと
ただの釣りにしてはあまりにリアリティが有り過ぎるので更に疑惑を
深めてしまっている背景があります。

とりあえず、今後の反2ちゃんねる活動では一般的に明確になっている
問題点などを中心に人々に呼びかけていくつもりです。
あまり飛躍し過ぎた疑惑を持ち出すと、格好の反2ちゃんねる叩きの
ネタにされ易い傾向にあるので今後の裏話の取り扱いについては
相当なことが無い限り極力トーンダウンしていくつもりです。

最後に私 弱者に掛けられている疑惑についてです。
元・2ちゃんねるナンバー2 切込隊長氏率いる被害者連合
の広報担当「wanwan」が垂れ流した、私を「半島の工作員である」という
噂ですが、キッパリと否定させてもらいます。
元・ミリタリーマニアにして保守派 家族ぐるみでの皇族ファンに加え
日の丸に足を向けて寝られぬ私を半島の工作員とは・・・
本当の右翼や保守の定義って分かってます?

仮に私が半島の工作員ならこんな小さなブログに収まっていると思いますか?
あんな凄まじいスポンサーが私のバックについてたら今頃凄いことに
なっているはずなんです。
そのことは貴方方が一番分かっていることと思いましたが私の思い違い
だったのでしょうか。

2ちゃんねるの運営関係者なら内部に詳しくて当然でしょう。
情報源としては有用でしょうがそのぶん信用はできない。
そのことを山本連合が嫌と言うほど思い知らせてくれました。



【主張シリーズ】

反2ちゃんねる活動者としての主張【1】

反2ちゃんねる活動者としての主張【2】

反2ちゃんねる活動者としての主張【3】

反2ちゃんねる活動者としての主張【4】

反2ちゃんねる活動者としての主張【5】

反2ちゃんねる活動者としての主張【6】

反2ちゃんねる活動者としての主張【7】

反2ちゃんねる活動者としての主張【8】

反2ちゃんねる活動者としての主張【9】

反2ちゃんねる活動者としての主張【10】

反2ちゃんねる活動者としての主張【あとがき】


もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体


社会問題

≪前の記事 反2ちゃんねる活動者としての主張【5】
≫次の記事 反2ちゃんねる活動者としての主張【3】

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。