人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

49:京都にお住いの被害者様、ネットいじめの専用窓口が開設されます。

2008/06/23 (Mon) 20:21
2chhhhhgf03.jpeg


ネットいじめ:専用窓口開設 相談受け付け-きょうから府教委/京都

 学校裏サイトなど、インターネット上で児童生徒が同級生から中傷を受ける「ネットい
じめ」が社会問題化していることを受け、府教委は18日から同ホームページ
(http://www.kyoto‐be.ne.jp/kyoto‐be/)上に専用通報窓口を設ける。
教員や保護者に対し啓発や指導も行う予定だ。

 府教委は07年1月に24時間いじめ電話相談を始めた。07年度に寄せられた相談
2672件のうち、ネットいじめに関する相談は数件だが、顕在化していない可能性が
あるという。

 新設の専用窓口では、通報や相談を24時間メールで受け付ける。府教委学校教育課が
情報を元に調査し、学校や名前が特定できたものは学校側に連絡。学校を通じてサイト管
理者などへ削除要請する一方、脅迫や恐喝など違法なものや深刻なものは警察にも通報する。

 また、教員向けの情報指導資料を作成するほか、PTAでの講習会の実施、府内の
全児童生徒への啓発カードも配布する予定。

 府教委学校教育課は「ネットいじめは見えないところで起きている。
保護者や本人からだけでなく、一般府民からも広く情報を提供してもらえれば」と
話している。【谷田朋美】

毎日新聞 2008年6月18日 地方版



京都府民限定のようですが、いい対策モデルになればいいと思う。
他の都道府県の人もアドバイス程度なら受けられるかもしれない。
だからここに引用しときます。

我々大人は、子供よりは多少打たれ強さがあるものの、子供はそうもいかない。
無責任なネット専門家が、「ネットリティラシーを子供に身に付けさせろ」
「親や学校で、ネットについての正しい教育をしろ」などと形式的なアドバイス
をあちこちでしているようですが、これには無理がある・・・
大人自体がまだネットの知識水準が低すぎる傾向にあり、この現状で子供に教育
など無理無理。それに知識を得てもネットで実践的にそれらを活用するには
経験も必要です。その経験を積むまでがイバラの道です。
未知の被害を実際に受けた者でなければ、絶対に身に付かない知識もあります。
2ちゃんねらーに対する防衛術は特にね。反2ちゃんねる活動に必要な防衛術
は専門家からのアドバイスが1割 後の9割は実際に攻撃を受けたときに得た
教訓から培った知識です。つまり我々の知識は、今までに潰されていった仲間の
屍を乗り越えることによって得てきたわけです。

しかし子供の屍(犠牲)を見て大人達が学んでいるようでは話にならない。
犠牲になるのは我々大人だけで十分。
ネットの闇社会の住人から、子供を守れるのは大人の経験と知恵だけ。
大人のネット専門家ですら、悪戦苦闘しているネット社会で、子供に「全て自己責任」
と連呼しながら自分の身は自分で守れなどとアドバイスするは無責任に他ならない。
自分も子供の頃は、それでやってきたんだとほざく専門家もいるだろうが
それはたまたま運が良かっただけのこと。

現在と今とでは、ネットの環境も違ってきてるし、自分の適応力こそが万人の
基準だと認識しているようでは教育的助言をする者としていかがなものかと考える。
確かに運も実力のうちだが、運に頼る対策など、対策とは呼べるものではないので
ここはとことん、不運な人間でも生存がある程度可能にできる方法を考える必要が
ある。

子供の目線に立った対策はもちろんのこと、未知の危険をどう想像するのかが
重要になってくることは間違いない。
2ちゃん系専門家の性格を考えると、たぶん「甘ったれるな」とも言ってきそうな
感じがしますが、今までに闇サイト等のアングラ路線の犠牲になった人々の遺族の
前で、その大学等で学んだ自慢の屁理屈製造マシン(口)の嫌らしさを披露して
みるがいい。

また 京都府警のハイテク犯罪対策室のレベルは他県に比べて高いようなので
期待するだけの価値はあるかもしれません。
ただし、ここも駄目だと感じたら、その状況を私にも詳しく教えて頂けると
助かります。

2ちゃんねるが絡むネット被害については、警察は信じられないほど消極的に
なる傾向にあるので、適度に期待しましょう。
本気で取り組んでくれそうな雰囲気なら、他の被害者の方々にもそこを教えて
あげましょう。


ネットいじめ通報サイト

サイバー犯罪対策



もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体


社会問題

≪前の記事 毎日新聞よ、NHKのように2ちゃんに飼い馴らされるなよ。
≫次の記事 ネットを今一度、洗濯いたし申し候

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。