人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

69:「派遣村」にいたのは誰だったのか?

2009/01/21 (Wed) 01:37
hgibbb3

「派遣村」にいたのは誰だったのか?

今後の世の流れ次第では、価値の出てくるニュース資料にもなり得るので
保存させてもらいます。
「新聞はもう要らない。ネットがあれば十分だ」という声が多いですが
ネットニュースにも欠点があります。それは時間が経つと綺麗サッパリに
削除されてしまうところ。サーバーの負担を軽減するために順次削除され、
場所によっては利害の云々による都合で、定期削除時期前にさっさと
削除されてしまうニュース記事も少なく無いです。
削除済みの記事は、クローラのキャッシュで拾い集めるか、皆さんの大好きな
2ちゃんねる、又は個人ブログなどから記事を拾ってくるしかないでしょう。

私の目撃した削除事例の中には、最速でアップから約1時間半で削除
された記事もあります。こういうのを目撃すると、世の中の裏側と
メディア関係者達の意図を垣間見ることができるので貴重な状況資料です。

ネットメディアに依存している人達は知ってるようで知らないようですね。
新聞であろうが、ネットだろうが、その記事をアップしているのは既存の
新聞記者達なのだと。情報を配信する道具が変わっても、それを使う人達は
今までと同じ新聞記者なんですよ。ネットだから情報配信の品質が新聞より
優れているわけではないんです。したがって品質は同じです。
速さとお手軽さのネット、手堅さと保存のきく紙の新聞、どっちも捨てがたい
メリットがあります。

さて、上記の派遣村に関する記事の中で、

本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのか」という、
総務省の坂本哲志政務官の発言は、ネット世論が根拠になっている可能性が
高いことを物語る記事です。

現在、IT業界に関連する政策を掌るのは総務大臣。その前は、森内閣時に
発足したIT担当大臣が、その任に当たっていました。
しかしその役職は安倍晋三内閣の時に廃止され、現在は総務相がその任を
実質的に兼務する形になりました。
(どうりで安部さんが何かある度にネット世論で吊し上げられてたわけです・・・)
過去のその役職に就いてきた歴代の先生方にはある共通点があります。
それは、代々、ネット産業の恩恵を一心に受け続けてきた人達だということ。
この役職に就ける人間は、とことんまでネット事業者達に媚びれる人しか
就くことができない。または、ネット事業者達の口車に乗せやすいタイプの
政治家しか就いてきていないような気がするのは私だけでしょうか。

2ちゃんねる等のネットアングラ勢力の最盛期でもあった、小泉内閣時代。
その内閣時代での総務大臣は、現在の内閣総理大臣、麻生太郎氏です。
このように、総務大臣に就く人が誰になるのかで、その内閣がネットの弊害問題に
どれだけ真剣に取り組む気でいるのかを表す人事・・・。
そう表現できてしまえるほど、この組閣人事は、ネット犯罪状勢に大きく影響して
きました。
少なくとも今の鳩山邦夫総務相では、まず99パーセント無理です。
もし、今後、行われるであろう解散総選挙で、民主党が政権をとった後、
総務大臣に2ちゃんねる支持者である、鳩山由紀夫氏あたりが着任したら
ネット社会の現状を改善する意思がその内閣には「ない」という本心の表れです。

総務相と法務相、この二つの人事をネット社会の権力者達が押さえておけば、
2ちゃんねる等のネットの闇社会はとりあえず安泰ということになるのでしょう。

>「貯金はしていなかったのか」「職の紹介を受けているのに、選り好みしている場合か」
>「ゴネ得ではないか」…。「最初は同情していたけど、だんだんできなくなった」
>という声もあった。(リンク先転載記事・下から24行目)


絵に描いたほどの、派遣難民に対する偏見意見ですね。
では私も貴方等の流儀に合わせて偏見染みた反論を書いてあげますよ。

年中仕事もせず、冷暖房完備の部屋に一人で引篭もり、パソコンの
キーボードをカタカタしているだけのニート君達が偉そうに主張できることか?
働く意思も仕事を探す意思もなく、朝昼晩の食事を母親に食べさせてもらいながら
野外で必死にもがいている人々を、上からの目線で「あまえるな」ってか?
社会的弱者に罵倒を浴びせているだけで、一人前の自立した社会人にでも
なったつもりか? ゴネ得? 選り好み? アホか、お前等が言うな。
ただのネット社会に居ついた、集団クレーマー風情が偉そうに説教垂れるな。
政治がどうなろうが、経済が不況に陥ろうが、部屋に閉じこもっているだけの
貴方等には関係ないってか?

貴方等にとっての不況とは、母親が亡くなるか、年金等の収入源が無くなり
飯が作られなくなったときに初めて不況を実感できるのではないのか?

全てのネット市民がそうではないってか?
その気持ちは、貴方等に罵倒された派遣難民も同じ気持ちだろう。

どうだ? ムカつくだろう?
貴方方の意見なんてものは、薄っぺらく、場当り的で、相手の気持ちを理解
しようともしない自己中心的な偏見意見に過ぎない。
全ての派遣難民がそうじゃないとか、なんたらかんたら言ってても、それは
何の意味もないことくらい貴方等もガキじゃないなら解かっているはずだ。
貯金はしていなかったのか?って? そんな余力があれば苦労しないだろう。
社会とは厳しいものだということくらい、おたくらに言われずとも派遣村に
来ている人達は解かっているはず。厳しいと解かっているから派遣村に
来ているわけですからね。
強く励ますつもりかは知らないが、派遣村の村民に発破をかけるという意味合い
があるならば、それは大きなお世話というものです。

どうせ、こういった感じの記事を単純に受け止めての意見だと推察されますが
記事の裏に隠された実状をもっと想像すべきです。

希望ミスマッチ…派遣切り救済雇用 応募サッパリ

とにかくネット世論で最も欠けている点は、他人の痛みを想像する力。
他には、他人を労る心、血の通わぬ、冷たく機械的な議論でしか物事が語れない
冷淡さが目立つ。別にそんな議論など生身の人間ではなく、コンピューター同士で
議論させといても事足りる。 生身の人間同士で議論することの異議を常に持ち
続けることが重要だと思います。
報道で流れる情報が、全ての本質を示しているわけではないでしょうから。
ネットに依存し過ぎる意見は、現場重視型の考え方を遠ざけてしまう危険性も
はらんでいます。派遣難民の意思のミスマッチは、たんなる彼等のワガママ
だと結論付けるにはまだ情報収集が不十分です。

それとネットの御意見番達は忘れているのではないのか?
小泉内閣時代における、労働者派遣法の改正に伴い国内にワーキングプアの
温床を作り上げてしまっているという現実。グッドウィル問題も然り。
そうしたやり方を、最も強く煽ってきたのは、紛れも無くネット世論だったはずです。
貴方方の当時の浅はかな意見が政策に反映されてきた結果ではないか。
「何時でもどこでも、好きな時に、働ける新しいカタチのライフスタイル」
などと謳い、派遣事業をネットと共にテレビやラジオ等で煽り続けてきたくせに!
今の現状は完全にマッチポンプってやつですよ。

派遣難民は、貴方方ネット世論の弊害が生んだ被害者みたいなものですよ。
それを、自らの手で生み出した副産物(被害者)を、自らの手でそれを揉み消す
かの如く、メディア業界との太いパイプにものをいわせ、雑誌やテレビなどで
被害者側を悪者として世に印象付けて保身を図る。
このパターンは、まるで2ちゃんねるの利害関係者達と2ちゃんねる被害者の
関係に近い気がしますね。
過去の自らの過ちを、貴方方お得意の「自己責任論の押し付け」ってやつを
用いて世の混沌さに紛れながら被害者側へ責任転換する。
もう何年も、貴方方との議論に付き合わされてきましたからね・・・
もう飽き飽きしてるんですよ・・ そのご都合主義のスタンスにはね。

マスコミも、「ネット上の意見では・・」「ネット上の意見では・・」と、
馬鹿正直に受け止めてたらネット社会で幅を利かせる、下らねぇ連中の
思う壺ですよ。それぐらい解かっているくせに。

>厳しい意見もあることを意識してか、15日の集会では名誉村長の宇都宮健児
>弁護士が、こんな言葉を漏らしている。「活動が広がるか。それは1人1人の
>村民のこれからにかかっている」。(リンク先転載記事・下から3行目)


村民のこれからにかかっている・・そんなことはガキじゃない村民も言われる
までもなく、自覚していることだと思います。
そりゃ~~~あ、弁護士になるほどの努力家の尺度で測れば、ごく一般の人の
努力の度合いが、どの程度の努力量に映っているのか、私には分かりませんよ。
ただ、社会的弱者への対策を考える場合、自分だけを基準に相手が努力しているか、
努力が足りないかを見定めるべきではないと思います。
まして今の段階で、叱咤したり、発破をかけたら、反って逆効果です。
まずは、頑張れば何かが変る・・という希望の持てる環境と、キッカケ又は
チャンスを作ってあげることが先決だと思います。順序が逆ですよ。

ネットのヘビーユーザーの皆さん、裏社会の空気だけ読んで発言していると、
結局最後には自分自身の身を滅ぼすだけですよ。
日頃は無知な市民、でも何かに不都合になりそうな情報や、自分達の利益に
繋がる情報に対してだけシャキーーン!と冷静沈着な優等生に変身しても
意味ないんですよ。

どうせ無知者で通っているのなら、常に無知者のままでいてほしいですね。
急に博識になったと思ったら、まるで軍事パレードの行進の如く、見事に足並み
揃った類似意見がネット上を大量に駆け巡る。
それを客観視している側としては、あまりの不自然さに気持ちが悪くなる。

「「派遣村」にいたのは誰だったのか?」という記事タイトルですが、
私にとっては「「ネット」にいるのは誰なのか?」という疑問を公に
問いかけたい気分です。



もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済


社会問題

≪前の記事 ネットに中傷文 無罪破棄し罰金命令 東京高裁
≫次の記事 「嘘なら俺の方が上手だぜ」そりゃそうだ・・本職だからな。

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。