人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

73:ハイテク化した「新しい形のいじめ」に備えよ!

2009/03/09 (Mon) 14:49
hgibbb3

『学校は真実明らかに』 ネットいじめ 中3の母

 さいたま市立中学三年の女子生徒=当時(14)=が、携帯電話のプロフ(自己紹介サ
イト)に中傷する書き込みをされ、三カ月後の昨年十月に自殺した問題で、生徒の母親(4
2)が十九日、自宅で取材に応じ「学校は娘が残した遺書をどう理解されているのでしょうか。
真実を明らかにしてほしい」と語った。

 母親によると、女子生徒はこの中学に転校して半月後の昨年七月八日夜、自宅で泣きな
がら「怖い、明日から学校に行けない」と母親に訴えた。話を聞くと、同級生のプロフに

「キモイ」「一緒にプールに入れないよね」などの書き込みをされていたという。
 書き込んだ二人から謝罪を受けた女子生徒は、二学期からは休まず通学したが、三カ月
後に自殺。その約二週間後、母親が見つけた遺書には「生きることにつかれました。周り
の人も私がいないと楽でしょう。私は○○中学校が大嫌いでした」と書いてあった。日付
はなく、いつ書いたか不明だが、母親は生徒が自殺直前に「あのクラス、もう嫌だ」とこ
ぼしていたことが忘れられないという。

 市教委は「調査したが、七月以降のいじめは確認できなかった」と説明。「いじめは継
続していたのではないか」とする両親の疑念は消えず、自殺を公表した上で、いじめの内
容を調査するよう学校に申し入れた。しかし、満足のいく回答はなく、学校は十九日朝の
全校集会で初めて自殺の事実を伝えた。

 女子生徒は両親に将来、声優やアニメ関係の仕事に就きたいと夢を語っていたという。
両親が作成した学校への申し入れ書には「娘は前の中学で、不登校だった友達を、通学で
きるよう自ら支援していた思いやりのある子」と書かれている。


「復讐はきっちりします」中3女子が自殺

 さいたま市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が昨年10月、携帯電話の自己紹介
サイト(プロフ)で3カ月前に中傷の書き込みをした同級生の実名を挙げ「復讐(ふくし
ゅう)はきっちりしますからね」などと書いた遺書を残し、自宅で首をつって自殺してい
たことが19日、分かった。

 同市教育委員会は「学校が書き込みをした同級生2人に謝罪させ、生徒は2学期は欠席
せずに登校していた。いじめと自殺は直接結び付きにくい」と説明。女子生徒の母親は「い
じめは続いていたのではないか。学校は真実を明らかにしてほしい」と訴えている。

 母親によると、女子生徒は自殺直前にも「あのクラス、もう嫌だ」と話していたという。

 遺書は、切り取ったノート1枚に「私は○○中学校が大大(中略)大嫌いでした」
「プロフにあんなことを書いた○○(同級生の名前)さんたち、復讐はきっちりしますか
らね」などと書かれていた。日付はなく、書かれた時期は不明。

 母親や市教委によると、同級生のプロフに7月上旬、「キモイ」「一緒のプールに入り
たくないよね」などの書き込みがあり、これを見た女子生徒は携帯を母親に見せて、泣き
ながら「怖い。明日から学校に行きたくない」と言い、6日間欠席した。



(コメント)
従来のいじめが、ネットで行われるようになっただけ
そう単純にネットいじめについて認識してもらっては困ります。
今までのいじめは、加害者のほとんどが被害者と面識のある者だけで
行われてきたため、いじめに至る経緯や加害者の特定が、第三者にも
ある程度、把握可能であり、少なくとも被害者側の根性や覚悟次第で、
加害者への実力行使、抑止、対話などによる独自解決のチャンスも
多少は残されています。
しかし、ネットいじめの場合、当事者間だけでの独自解決はほぼ不可能。

子供のケンカに大人が口を挟むべきでなく、可能な限り、当事者同士で
問題を解決に導く努力をさせるべきで、それが子供にとって社会勉強の
一環である・・というのが、今までの保護者間での暗黙の同意みたいな
ものだったと思いますが、その概念が一切通じないのがサイバーいじめ
なのだと再認識するべきです。

被害者の子供だけで、プロバイダー等に加害者の発信者情報の開示請求や
警察への被害届、訴訟手続き等が可能という話ならいいのですがね。
しかし、そんなこと無理に決まってるんです。大人同士でのサイバーいじめ
ですら、法律、経済力の有無、ネット事業者の倫理性の温度差などが、
問題解決の大きな障壁になっているのに、子供達に、その障壁を単独で
乗り越えられるわけがありません。

また、この現状に対し、ネット世論では、この状況をあえて放置することで、
今のネット社会特有の情報環境に慣れてもらい、打たれ強くなってもらうしか
ないという、何とも投槍的な意見が大半を占めています。
つまり環境に慣れるまでに途中で挫け、鬱病等の症状が出てしまったり、
自殺してしまったりしても、それは仕方が無いと言いたいらしい。

そいつらは、もし自分の身内が、そのネット環境に慣れるまでに挫折し、
自ら命を絶ってしまったとしても、その現実を難無く受け入れられるとでも
いうのだろうか。我が子が自殺してしまっても、その親達は、「これがネット
社会なのだから仕方が無い・・我が子の死のためだけにネットの発展を
妨げるわけにはいかない。感情論に流されてはいけない
」と心を鬼にして
納得できてしまえるのだろうか。 いやぁ~~~ご立派なことで。
ネットビジネスの発展、言論の自由、表現の自由、技術開発に比べれば、
子供の人権など、どうでもいいという非情な意見にしか受け止められない。
「非情な考え方」って、そんなに立派なことなのでしょうか。
非情な様って、そんなにカッコイイですか? ゲームのやりすぎですよ。

自分は何かのエリート層か、他より何かが優れてて有利な立場に身を置いている
お偉いさんか何かと錯覚しているのではないのか?
他人を上からの目線で、「大儀のためなら多少の犠牲はやむ終えない」とゲーム
の中でのリーダーキャラにでもなったつもりか?それがキサマ等の帝王学の理念
とでもいうのかな? 何様? 社会はキサマ等のゲームじゃない。現実だ。
キサマ等の非情派論は、一握りの企業や権力者の金儲けには好都合ですが、
社会全体としてはマイナスにしかなりません。 つまり公害です。

企業等の利益のために、環境汚染をあの手この手でその汚染事実を隠蔽し、
それを不問にし続けたがために、大勢の犠牲者を生んだ。
四日市喘息、水俣病、イタイイタイ病などの公害と同じです。
人体に悪影響するのは、何も有機水銀等の化学物質ばかりではありません。
「情報」というものも立派な公害にもなり得ます。
まして、現在は情報通信技術が普及しているので、無色無臭で静かにかつ、
急速な広がり方をすることから、その危険性は化学物質以上と言えます。
この女子生徒の死は、そのことを我々に投げかけているようにも感じます。

情報は「危険物」と考えるべきです。ガソリンや軽油と同じで、扱い次第では
とても役に立つし、扱いを間違えれば最悪の場合、死に繋がります。
そのため、危険物を扱うための基準を定めるため、消防法や危政令、
廃棄物処理法などの関連法で厳しい基準によって管理されているわけです。
それを無法状態に近い形で野放しにしてたら、問題が発生しないわけがない。

言論の自由、表現の自由という旗印のもと、実質、特例として厳しい制限を
せずに現状維持されているわけです。 そのことの有り難さと、危険性を
十分に認識しつつ、今後の対応策を考えてゆかねばなりません。

情報で人は死ぬんです。本当に死ぬんです。
情報は危険物です。そのことをお忘れなく。


英国の若者、約3割がサイバーいじめの被害=調査




もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体


社会問題

≪前の記事 闇サイト殺人 2被告に死刑、1人に無期判決 名古屋地裁
≫次の記事 小泉氏はネットやそれ系統のマスコミの間では絶対的正義な存在なのか。

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。