人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

80:被害者への心情の配慮はクド過ぎるほど慎重に。

2009/07/26 (Sun) 03:20
hgibbb3

被害児特定、支援強化へ 児童ポルノ対策で警察庁 画像分析チームを設置

この件での被害者救済は同時に被害者(被害児童)の触れられたくない
過去の古傷を穿り返すことを意味します。
大人の世界では、これは教訓だ・・という一言で終わらせられますが、
相手はまだ未成年者です。自業自得、自己責任ね、はい!終~了~!と
今のネット社会では定番ともいえる非情派論を持ち出し、被害者を更に
追い詰めることは教訓にさせるというよりも、単なる被害児童への制裁。

中には一方的に、加害者による強要又は実力行使によって写真や動画を
撮られてしまったケースもありうることを忘れてはいけません。
2ちゃんねる被害同様、「被害者=義賊」「被害者=自己責任」という先入観
任せの受け止め方はするべきではないでしょう。
それにこの手の被害者は、加害者側勢力にとって美味しいカネ鶴です。
一度でもこの手の事件に巻き込まれた被害者は、入手された画像や動画を
もとに加害者から延々に弱みを握られ、恫喝されるというリスクを負います。

また、児童ポルノとして定義できる画像や動画を見る限り、ある傾向に
お気づきになる人も多いかと思います。
それは、被害者の顔ぶれに見覚えのある人物が多いこと。顔はもちろん、
身体的特徴などから同一人物である可能性が高いものが多いという点。
これは一体何を意味しているのか。お金欲しさで被害者自身からの申し出
により、撮影に志願したという例もあるかもしれませんが、さすがに恫喝
無しで顔や局部も無修正でOK・・という条件に同意するというケースは
考え難いと思います。つまり弱みを握られ、再度撮影を強要されている
可能性が高いということです。


「画像をばらまくぞ」児童ポルノ容疑で男逮捕

保育園経営者が児童ポルノ画像投稿

2歳娘の児童ポルノ制作 23歳母ら逮捕

それに、ネットの黒い連中は、必ず情報共有のネットワークを持っています。
そんな連中の間では、弱みを持っている人物の情報は重宝される傾向にあり
その情報をもとにあらゆる裏ビジネスや、政治的裏工作にも転用可能です。

最近ではファイル共有ソフト「Winny」等の利用者からスッパ抜いた児童
ポルノファイルも大量に出回ってますので、基本的に肖像主の意思に関係なく
晒されているものと認識したほうがいいでしょう。
ファイル共有ソフトで流出したファイルは、肖像主の個人特定が容易になる
情報も含まれているため、闇社会の住人達にとって喉から手が出るほど
欲しがる情報です。 もし流出させた本人が著名人や、政府高官等の権力者又は
その関係者であった場合、理不尽な密約を結ばされたり、嫌な要求を受け入れ
させられたりと、恐ろしいことにもなりかねません。

このように「個人の特定」という任務は、被害者の救済と同時に、大きな
リスクも生み出してしまう危険性もはらんでいます。
分析結果は、画像に対する公的なお墨付きを与える形になりますので・・・
この作業(画像分析)に携わる職員達に徹底した守秘義務を課すことを強く
望みます。また、情報が漏洩した場合には、その職員や関係者に対し厳罰を
科すことも望みます。
ケースによっては懲戒処分に加え、刑事罰の対象にするべきだと思います。

警察庁の画像分析に関する情報は、闇社会の住人達にとって、まさに巨万の
富と権力を得ることができる夢のようなレア情報になり得るだけに、その
扱いには細心の注意を払い、取り扱う必要があるでしょう。
もちろん、その分析チームへの人選も、厳正に厳正を重ねた上でお選びに
なるのがいいでしょう。
間違っても、金銭的に多額の借財等を抱える職員や知識人などは論外中の
論外です。たぶんネットの闇社会の住人達は、その分析チームへの人選云々で
あるゆるルートで口を挟んでくる可能性もありますので、注意が必要です。

ネット社会の黒々した連中は、必ずこうしたカネになる情報を扱う部署の
人事にやたら口を挟んでくる。NHKの人事のときのようにね。
気づいている人もいるかもしれませんが、NHKを監視する第三者委員会の
顔ぶれなんかも、見事なまでに陰気臭い人間が目立ちますね。
よくあそこまで闇社会に好都合な人選が行えたものだと呆れながら見てました。
NHKを良い方向で監視するのではなく、NHKがネットの黒い権力者達を
途中で裏切らないかを監視するための委員会のようなものですね。
私の目にはそう映って仕方がないのですが・・
ハッキリ言って、メディアの世界で「第三者委員会」というものほど胡散臭い
存在はないと私は認識しています。放送業界でいう第三者委員会とは、権力者
サイドから派遣された使者という印象しか持ちません。

それにしても、最近、また放送業界と2ちゃんねるの煽り屋達の動きが
活発になってきました。悲劇の麻生太郎内閣への同情世論を煽る工作が
うっとおしいほど活発化してきました。2月か3月あたりにも同じような
工作が行われていました。自分達で、麻生内閣を叩けるだけ叩いといて、
タイミングを計ったかのように一斉に麻生総理が可哀想だと同情世論を
煽りまくるという手口。確かに3月あたりの煽り工作は成功し、支持率も
ある程度回復しました。それに味を占めた連中が、再度、同情世論を煽って
選挙の公示前までに支持率をアップさせておこうかという狙いか。
なにが、「麻生降ろし」だ・・ あの手の茶番劇、過去の小泉内閣のときに
見飽きた。麻生降ろし派の急先鋒といわれる中川と武部両先生方ですが、
内閣不信任案の採決では反対票を投じている時点で、あれらは茶番だという
明確な答えのようなものです。最近の政治家は口ばかりで行動で語らない。
口では賛成、行動では反対、言行不一致な政治家にロクな人間いやしない。
マスメディア、2ちゃんねるの煽り屋の動き、この二つの連携ぶりを見て
いれば、茶番かどうかがある程度解かる。


小泉氏はネットやそれ系統のマスコミの間では絶対的正義な存在なのか。

馬鹿だな・・この記事にも書いてたけど、このときに、戦犯の小泉一門を
斬っておけば国民の怒りを静めることができ、本当の意味で反省の意思を
国民に示すこともできてたろうに・・・
今さら反省する反省すると連呼しても全てが遅い。反省とは口ではなく
行動によって示すもの。小泉純一郎の次男坊を公認し、親父の純一郎氏を
造反した際になにも処分も下さずに特別待遇。 で、もう一人の造反議員には
しっかりと処分を下すなど他の党員にも示しがつかんでしょう・・
この現状で、反省しているだ? ナメとんのか。

何故だ・・何故そこまでして小泉純一郎を匿おうとする?
自民党全体、いや・・この日本国を犠牲にしてでも小泉純一郎氏だけは何故そこまで
守ろうとするのか。それだけの価値があの小泉氏にはあるというのか。
それとも、大きな弱みを小泉氏に握られているのか?

解からん・・・政治の世界といい、このネット社会の問題といい、
訳の解からないものに対する得体の知れない執着心・・・
私は今後もその執着心とやらと戦っていかねばならないということか。


児童ポルノ所持禁止へ法改正、与野党が合意

この改正案、政権交代した場合、合意案は無効になる可能性もあると聞く。
政権交代した場合でも、ちゃんと生きててくれているのだろうか。



もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体


社会問題

≪前の記事 誰でも実行可能な反2ちゃんねる活動のポイント(その1)
≫次の記事 自分の味方を増やすための策は、ミスれば逆に大勢の敵を誘き寄せてしまうこともある。

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。