人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

95:2ちゃんねる対策及び2ちゃんねる支持者への反論Q&A-3

2010/06/16 (Wed) 00:46
hgibbb3

2ちゃんねる対策及び2ちゃんねる支持者への反論Q&Aの続きです。

今後も随時、項目を追加していく予定です。

●自分は間違ったことを主張したつもりは無いが、
  2ちゃんねらー達から謝罪し、発言を撤回しろと言われた。

引用URL http://jyakusya.blog69.fc2.com/blog-entry-95.html#aa13

返答例
自分は絶対に間違ったことは主張してないし、謝罪しなければならないことなど
主張してない。 と思っているブロガー又はサイト管理人は、自分の信念を貫いて
下さい。下げる必要の無い頭を下げ続けると、そのうち、もっと不本意で理不尽な
意思表明の要求を受けるようになるはずです。
明らかに自分に非があると自覚しているのであれば、意地を張らずに頭を下げる
べきだと思います。ですが筋の通らないものに頭下げてるようでは、堂々と言論の
自由を語る資格は無いと思います。

特に社会問題や政治に関連したカテゴリを取り扱うブロガーの方々は、集団による
コメント荒し、いわゆる「炎上」と呼ばれるトラブルは、常に覚悟のうえでしょう。
ただ、手っ取り早く多数派の支持を得るため、大衆迎合的な主張を繰り返す、
いわゆるポピュリスト路線で記事を執筆するブロガーには不要な対策ではありすが、
そんな流れに、あえて逆行したがる不器用侍には、必要不可欠な知識だと思うので、
ぜひ読んで下さい。私はそんな不器用侍の味方であり、同志です。
お互いしぶとくいきましょう。


数の論理によるゴリ押し世論に立ち向かうための知識を、下の参考リンクを
読んでいただき、今後の言論活動に使えそうな知識を持ち帰って下さい。


打たれ強いブログを作って言論の砦を作ろう!

2ちゃんねらーの心理戦対策

ハート・ディフェンス

反2ちゃんねる活動者の情報の捌き方

多数派の圧力集団に今、頭を下げても、結局はその場しのぎであり、問題解決の
先送りでしかありません。
後々、その先送りのツケは、回りに回って、結局最後に同じ場所に戻ってきます。
で、そのツケに、貴方の子供や、その孫が苦しめられることになるわけです。
同じレベルの苦しみならまだマシ。遠くを旅して回ってきているぶん、そのツケ
には度重なる利息が加算されていることも有り得えます。
つまり、問題が更に深刻化している可能性もあるわけです。
我々大人は、そのことを肝に銘じて言論活動を行うべきでしょう。
皆さんも人の親なら、何があろうと、守るべきもののために一歩も引かない信念を、
持つべきです。 そうすれば日常生活にも自然に変化が出てくるでしょう。
何時かは、子供達のために貫かないといけない場面に何度も遭遇するでしょうから、
どうせなら早いうちにその試練を乗り越えといたほうが、将来的に見て得策だと
思います。私はそう考えてます。

人って長期間、相手より一方的有利過ぎる立場に身を置くと、必ず傲慢な立ち
振る舞いをするようになります。それはネット社会でも同じだと思います。
大勢で騒げば、どんな相手に対しても、身勝手な要求も押し通すことができる。
群れてさえいれば、自分達が世の中を好きに動かせる権力者の仲間入りができる。
そんな錯覚を抱いている集団が、貴方のブログやサイトに殴り込んできている
連中というわけです。ぶっちゃけ、彼等は烏合の衆です。いや、それ以下かも。
まだ、鳥の大群のほうが知性ある行動をとります。それなりに自分の頭で判断もし、
自分の翼で羽ばたいていますからね。
しかし彼等(2ちゃんねらー)は自分の翼(手足)で羽ばたいてない。
自ら思考停止状態の道を選び、楽して相手より有利な立場にいることでしか、
自分の価値を見出せない哀れなネットワーカーです。 
群れていい気になっている自分に、心のどこかで情けなさを感じているのか。

その気持ちの裏返しとして、彼等は数の論理とか、カオス理論がなんたらと、
都合のいい論説を並べて、思考停止状態で群れることを美化して語る。
それによって自分のなかの羞恥心を周囲に覚られないよう、必死にその気持ちを
紛らわしているようにしか見えません。



●2ちゃんねるを利用している以上、ガイドラインに則り、
 そこで何が起ころうと利用者の自己責任である。

引用URL http://jyakusya.blog69.fc2.com/blog-entry-95.html#aa14

返答例
この言葉のとおり、2ちゃんねらーが2ちゃんねる内で被害を受けた・・
という話であれば、西村博之氏がよく法廷で主張してくることの多いこの言葉には
一定の説得力はあるでしょう。
ですが、2ちゃんねる被害者のほとんどは、2ちゃんねるユーザーではありません。
さらに、閲覧歴も無く、被害を受けるまで2ちゃんねるの存在すら知らなかった
という被害者が大多数です。
被害者は、2ちゃんねらーによって個人情報等を勝手に2ちゃんねるに晒され、
一方的に誹謗中傷活動を始められてしまっているんです。

だから、ガイドラインを持ち出されても、大半の2ちゃんねる被害者には関係の
ない話なんです。ガイドライン適用外の被害者にガイドラインを無理やり当てはめ
自己責任だと主張されても、被害者側(原告)からすれば「はぁ?」と反応するしか
ないわけです。
強いて言うならば、被害者が削除依頼板に来て削除依頼をしたことが、2ちゃんねる
を利用したことになり、ガイドラインが適用されるとの解釈なら、これはあまりに
無理があり過ぎると思います。
他に削除依頼する手段が無い以上、こればかりはガイドライン適用除外と見るべき
だと思います。

いきなり拉致されて勝手に連れてこられた被害者。そこで集団によって人権侵害
されてるようなものでしょうか。
そこで被害者が加害者側にモンクを言うと、加害者側が逆ギレしてメディアを通じ
自分達こそが被害者だと一方的に騒ぐ。この行動パターン・・まるで北朝鮮です。

最高裁の動物病院訴訟で、2ちゃんねる側の敗訴が確定したときも、再三、原告が
そのことを被告側に反論しているのにも関わらず、2ちゃんねる側は事務的に
ガイドライン、ガイドライン、と同じ主張を繰り返すだけ。
その2ちゃんねる側が拘るこのガイドライン。
法的な効力はなく、西村博之氏が自分側だけに都合のいいように、勝手に作った
個人的ルールに過ぎません。

西村博之氏は、被害者側の反論にも耳を傾けようとは思わなかったのか。
耳を傾けたところで反論のしようがないので、聞く耳をもたないフリして、自分の
面子やイメージを守ろうとすることで頭がいっぱいなのでしょう。

2ちゃんねる関連裁判では、西村博之氏が出廷しないことによる、「自動的」な敗訴
という形にしておきたがっているようですが、出廷しても今までの公判例を見る
限りでは、原告側が相当に無理な主張をしていない限り、結果は同じだと思います。
2ちゃんねる側が仕込んだ身内同士で繰り広げる出来レース裁判や、確実に勝訴
できそうな裁判には、ご丁寧にマスコミを呼び、掲示板で応援団を募って裁判所前で
お祭騒ぎするくせ、絶対勝てそうにない裁判ではコソコソと逃げ回り、出廷もしない。
でも一方ではメディアには顔を出して我に正義ありと言わんばかりにヒーローを気取る。
この行動はかなり滑稽です。


やはり西村博之氏は現在も2ちゃんねる管理人のままか。


●ひろゆきを批判してる奴ら、悔しかったら2ちゃんねると
 同じもの作ってみろ。

引用URL http://jyakusya.blog69.fc2.com/blog-entry-95.html#aa15

返答例
別に悔しくて批判しているわけではありません。それに同じものが作れるか
作れないかという議論は私のような反2ちゃんねる活動者に向けて行うべき
ものではないでしょう。
そういうことは、西村博之氏と同じ価値観を持つもの同士で語って下さい。
殺人者を批判する奴等、悔しかったら殺人をしてみろと言っているに等しい
ご意見です。
悪いことをすることがカッコイイ、偉い、と認識していること自体が変。
他人にできないことをすこることが、それが何であれ、全て素晴らしいこと
だとは限りません。ハッキリ言って、悪いことをすることは簡単ですよ。
だって、我慢しなければいいだけですから・・
人殺しにしても、殺すのは簡単です。しかし死に掛けてる人を救助するのは
至難の業です。殺すのに知識も根性もいりませんが、逆に助けるには膨大な
知識に経験、そして根性も必要です。煩悩のまま生きることは、別に人間で
なくても可能なわけですから、獣や爬虫類にでもできることをしたからといって
それが特に凄いとは思いません。
それをしたから、それがなに? で終わる話ですから。

まして、大勢の犠牲を前提にした試みを実行することが、特に凄いことだとは
思いません。自分の利己主義のために大勢が苦しむ様を見て、ニヤニヤと笑みを
浮かべながら、鈍感ぶってトボケ続ける西村博之。
私から見れば、かなり気持ち悪い性格の人間に見えます。
そんな気持ち悪い様を大勢から褒められたいとは思いません。



●一部を見て2ちゃんねるの全てを悪くいうのはやめてくれ。
●木を見て森を見ず。

引用URL http://jyakusya.blog69.fc2.com/blog-entry-95.html#aa8

返答例
他の2ちゃんねる被害者のことは知りませぬが、少なくとも、私はそこらの
2ちゃんねる利用者以上に2ちゃんねるを知っているつもりです。
一本の木だけを見ててはこんな活動できやしません。この件に関しましては
私は大局的にしか物事を判断しませんし、日頃から森(全般)ばかり見ているので
いちいち一本の木に執着していられるほど暇人でもありません。
2ちゃんねる擁護派の人々は、反2ちゃんねる派の中で一人でも問題のある
行動をした者が出現したら、「全ての反2ちゃんねる派」と一括りに批判
してきます。
この状況において、そのことで私達反2ちゃんねる活動者は、何もモンクを
言わずに啓蒙活動を続けてきたのですから、たまにはそれに応えて下さい。
2ちゃんねるの弊害は既に長期間、問題提起され続けてきたことですので、
その類の意見を今更持ち出されても、同じ過程をグルグルとループするだけで
時間の無駄。
現段階においては、反2ちゃんねる派の意見のほとんどが、偏見任せのものでは
ないことを前提に議論して頂きたいと思います。
そうしなければ、まったくこの議題は先に進みません。まずは私達被害者への
偏見を無くして頂きたいと思います。この「一部を」「一部の」から始まる
定番意見は被害者への強い偏見の現れと私は考え、最初からその類の意見者には
マトモに応対しないことにしています。





もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体


≪前の記事 2ちゃんねる対策及び2ちゃんねる支持者への反論Q&A-4
≫次の記事 2ちゃんねる対策及び2ちゃんねる支持者への反論Q&A-2

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。