人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

98:2ちゃんねる対策及び2ちゃんねる支持者への反論Q&A-6

2010/07/21 (Wed) 23:27
hgibbb3

2ちゃんねる対策及び2ちゃんねる支持者への反論Q&Aの続きです。

今後も随時、項目を追加していく予定です。


●2ちゃんねらーとオタクは同一と見なすべきなのでしょうか?
引用URL http://jyakusya.blog69.fc2.com/blog-entry-98.html#aa22

返答例
2ちゃんねるの広報用作品「電車男」の放送の影響で「2ちゃんねらー=オタク
というイメージを持つ人が多くなってきている傾向にあります。
ただし、オタクも人間です。人間には色々なタイプが存在しているように、オタク
にも色々なタイプがいます。当然2ちゃんねるを嫌っているオタクもいます。
現に私もその一人なのですが、敵対している対象と同一視されるのはさすがに
嫌です。オタク兼2ちゃんねらーという方々については、「2ちゃんねらー」と
一元化して表現してもらいたいというのが私の希望です。
2ちゃんねる支持者ではなく、普通にオタクな人は、「オタク」又は「マニア」
と表現して頂きたいのです。
そうすれば、ややっこしくならないし、2ちゃんねらーがどれだけ人々に迷惑を
かけても、オタクへのマイナスイメージに繋がり難いからです。

2ちゃんねるを初期の頃から見てきている人ならご存知だとは思いますが、
2ちゃんねるにあるオタク関連の掲示板では、オタク同士が情報交換しあう
コミュニティの場というよりも、オタクそのものを否定・中傷するアンチオタクの
コミュニティの場でもあったのが実状だったんです。
2004年頃、たった1年ほどの間に、急にそのオタク叩きの風潮からオタク文化万歳
という世論へとその方向性が一気に変ったわけです。
オタクは叩きまくるより、オダテることで、あらゆる面での利用価値があり、カネ
にもなると2ちゃんねるファミリーが判断したためと考えられます。
2ちゃんねるファミリーは利用価値がある、又はカネになる対象でありさえすれば、
本心では強く嫌悪している対象であっても、その対象の理解者・支持者・協力者を、
装ったり、己自身もその対象に同化さえする人達です。
つまり2ちゃんねるファミリーはオタクの理解者としての顔を振り撒きつつ、実は
家畜のように彼等を飼い慣らしているだけというのが本当のところかと思います。
もちろん、2ちゃんねるファミリーにそれを問いただしても、その通りですと
本音を言う人はいないでしょう。

しかし、オタクの利用価値が無くなる、又は自分達の思い通りにその業界が
コントロールできなくなった場合は、そのマーケットを捨てるか、その業界
そのものを再建困難なレベルにまで徹底的に潰しにかかるかのどちらか。

したがって、2ちゃんねるファミリーに協力的なオタクに限り、2ちゃんねらー
と同一視しても支障はないと思われます。

どうせ、2ちゃんねるについてどうのこうの言い聞かせたところで、息を荒げ、
眉間にシワ寄せて、毎度の反論を機関銃のように繰り返されて終わるだけです。
一度、洗脳状態に陥った人間は、強い妄信状態にもなっていることが多いので
かなり厳しいです。とくにオタクは、純粋で思い込みの激しい人が多い傾向に
あるので下手に刺激すると返って天邪鬼になって人の話を聞かなくなります。
2ちゃんねるで植え付けられた思想は、素人に解けるような洗脳レベルではないので、
ここは、後々彼等にはド壷にはまってもらい、激痛をもって学習してもらうしか
ありません。つまりショック療法です。
しかし、その激痛を、オタク以外の一般人も共に、体感しなければならないという
点が悲しいところ。
彼等だけが自業自得で痛いおもいをするだけなら他人事ですむ話ですが、政治の面
とかでオタクが悪い方向性で利用された場合、国共々、破滅を覚悟する必要がある
でしょう。

本当に我国が地獄をみるはめになったとしても、ネット世論を通じて彼等を操って
きた2ちゃんねるファミリーは、その罪を全てオタク達に責任転嫁し、一般人と
共にオタクを批判しているだけで、真の黒幕隠しが容易にできてしまえるわけです。
仮に深層がバレても、煽ったたけであり、故意は無いと2ちゃんねるファミリーに
突っぱねられたら何も罪に問うことはできないでしょう。
ノーリスク・ハイリターン、他人を巧みに煽ることで自分の手を一切汚さず、標的に
多大なダメージを与え続けられるという反社会的勢力がよく用いる常套手段です。
罪は常に煽られて実行した人達のみが負うことになるので、利用された側の人達の
関係者にとっては大迷惑です。


人もオダテりゃ犯罪者にもなる。

小泉氏はネットやそれ系統のマスコミの間では絶対的正義な存在なのか。



●これからの時代は、インターネットだけで事足りる。既存の活字メディアはもう要らない。
引用URL http://jyakusya.blog69.fc2.com/blog-entry-98.html#aa23

返答例
インターネットは速さとコストパフォーマンス。既存メディアは保存と手堅さ
というお互いのメリットがあります。
次に、どちらのメディアのほうが、悪用が可能で、偏向報道が容易にできるのか。
また、その悪用時における事実の隠蔽や、形跡の隠滅。不都合な記事に対する
情報管制の容易さ。どちらがその面において優れているのか。
私はこうした活動をしているためか、このような基準でしかメディアの信頼度が
測れません。私は常に、人間社会を性悪説八割、後の二割は性善説によって形成
された社会だと認識しているからなのでしょう。
私にとっては、物理的、理論的に誤魔化しが利かないメディア形式こそが信頼でき、
優れた情報発信源だという認識です。
ネット上の記事は、全て電子記憶媒体上のものですので、好きなときに再編集でき
好きなときに削除もできます。また、時間が立てばサーバー容量の関係で、記事は
次々に削除されてゆきます。しかし新聞や雑誌はユーザーがその気になれば、
何十年も保存できます。 しかしネットメディアはカネさえあれば、専門業者に
依頼することで、いくらでも情報操作可能です。

Yahooさん、やってくれちゃいましたね。

そこで、ネット至上主義の人にも問いたいです。ネットメディアに記事をアップ
する記者と、既存の新聞記事を編集する記者とで何が違うのかということを・・。
スポンサーも提携企業も持たないアマチュア記者ならともかくとして、それ以外の
ニュースポータルサイト等の記者は、既存メディアと同様の環境に身を置いてる
記者がニュースを編集してるんです。
同じ生身の人間が記事の編集をしているいじょう、既存メディアだろうが
インターネットメディアだろうが、その情報品質自体は変らないはずです。

これが時代の流れなので仕方が無い」という考えも一理ありますが、それは
ケース・バイ・ケースだと思います。
全て時代の流れで片付けられては、今までの人類の負の歴史を再び繰り返す
だけだと思います。
流れに乗るべきか、流れに逆らうべきかを判断するのは、きちんと実状を把握
してからです。思考停止な状態で時代の流れに乗るだけだと、我々が人間に
生まれてきた意味を失うわけです。速断せざる得ないケースならともかく、
考える時間が残されているのであれば、それを有効に使うべきです。
これは極端な例ですが、詐欺師が善良な市民を騙す過程の中に、相手に考える
時間と不都合になる情報を一切与えないという共通した流れがあるように、
時代の流れを意図的に演出しようとする世論先導者達にも、似たような流れが
存在しているわけです。その先導者達のペースに流されないことが何よりも
重要になってきます。世論扇動を習わしにしている者達は、基本的に詐欺師だと
思って下さい。騙す目的に違いはあれど、それ以外は全部同じと思って下さい。

現在の複雑化した情報社会において、それが本当に「時代の流れ」なのかを
見極める必要があります。
皆さんが「時代の流れ」と思っているものは、実は、時代の流れではなく、
世論先導者達の作り出した「演出の流れ」に過ぎなかったとしたらどうします?
これは私の経験論に過ぎませんが、こうした詐欺紛いの世論作りをする人に
ロクな人間はいません。
過程が悪くても最後の結果が良ければ全て良し・・という考え方は妄信に過ぎない
と思います。
嘘は泥棒の始まりとはよく言ったものです。目的のためには手段を選ばない。
自分を正当化、良く見せるためならどんな嘘もつく。
そんな人間が、どんな理想を掲げていようとも、その人の志は所詮その程度という
ことなのだと思います。
志が低いと、その人の考え方や信念といったものは、いくらでもブレるということ。
当然、その人の発言や行動に矛盾点が多数出てきます。だからアホ、又は同類の
嘘吐き連中しか自分の周りには集まらない。
だから最後には理想とは大きく異なる結果しか生まない。
何事も過程は大事なんです。私はそう思っています。



●管理人さん(弱者)の書かれていることは事実なんですか?
引用URL http://jyakusya.blog69.fc2.com/blog-entry-98.html#aa24

返答例
それを私に質問するくらいなら、ご自分の目で被害状況を確認しに行って下さい。
そのほうが早いです。百聞は一見に如かずです。
ここはインターネットで、しかも私は匿名状態にあるネットワーカーです。
そんな人間の意見を無条件に信じ込んでしまうのでは、この先、諜略渦巻く
ネット社会において、自立した判断能力を維持するのは難しいと思います。
ここのブログ記事を全て読んだとしても、それは結局、私の証言モドキを
信じるか信じないかという安易な判断に全て委ねてしまうことにもなるわけで、
いざ2ちゃんねる支持派から「おまえ、本当にそれを自分の目で見たのか?
と突っ込まれたら反論のしようが無いだけでなく、情報源でもある私(弱者)
の存在そのものが、周囲の目には胡散臭い人間に映ってしまうでしょう。

本気モードで2ちゃんねる批判発言を実際に口に出そうとお考えの人は、
現場(2ちゃんねる等)の現状と私の主張とを可能な限りでいいので照合し、
各人で確信レベルにまで認識度を高めてください。
そうすれば、2ちゃんねる支持派の形式的な反論発言程度に惑わされる
ということはなくなると思います。他人から聞いただけの話は噂でしか
ありません。しかし実際に現場を見て事実を確認した後の発言は、立派な
証言となります。 その結果、御自分の2ちゃんねるに対する否定発言に
自信を持つこともできます。

ただし、2ちゃんねるを実際に見に行くということは、それなりに洗脳も
されかねないというリスクも出てきますし、一日や二日程度では、2ちゃんねる
全体を見渡すことはかなり厳しいと思います。
煽り屋等の書き込み工作員の行動が、ある程度見極められるようになるには
最低でも二年以上はかかると思います。また、毎回同じ手口で工作してくるとは
限りません。ケースバイケースで瞬時に機転を利かせて手口を変更してくることも
しばしばあります。 大規模なものでは大手の既存メディアとも連携してくる
こともあり、彼等の行動を分析する側には、思考の柔軟性も必要になってきます。
また、工作員の行動をある程度先読みできるだけの冷静さも必要になるでしょう。
彼等は世論をコントロールするためなら、絶対にありえないような奇策をフツーに
やってくるため、慣れた反2ゲリラでさえ騙されることもあるほどです。
なので、書き込み内容自体に深入りする場合は、ある程度経験を積まれた後が
いいと思います。とりあえず、物理的に誤魔化しが利き難い部分の現状把握に
専念されるのがいいでしょう。

さらに閲覧するだけで、2ちゃんねるファミリーに広告収入を献上してしまう
ことにもなります。
だから、アクセス収入を献上してしまった以上に、皆様が反2ちゃんねる的な
見識を養ってもらえば問題はありません。

また、プロ固定、又は煽り屋といった秘密工作員の存在の有無。
2ちゃんねるファミリーがネットや既存メディアを舞台に活動する新生左翼勢力の
一つだという疑惑説など、到底、国家権力による捜査を行わない限り、その深層を
探ることが不可能なレベルのものについては、おそらくどこの反2ちゃんねる活動者
に聞いても明確に断言する人はいらっしゃらないでしょうし、物的、法的な動かぬ
証拠を持つ人も、おそらくいないでしょう。
そんなものがあるなら2ちゃんねるはとっくの昔に閉鎖しているでしょうから・・
私のように疑惑について、様々な状況証拠により、個人的に確信に至った・・
という認識レベルが、我々一般人の限界だと思われます。
その限界を超えるには、非合法な方法で調査でもしない限りは不可能でしょう。
また、一般人が2ちゃんねるファミリーのような完成された勢力を相手に、
証拠を掴めてしまうものなら、世の中、警察や検察もいらないわけです。

2ちゃんねるファミリーの構成員による内部告発でもあれば別ですが、まずそれは
期待しないほうがいいでしょう。
内部告発?と思えるような情報は今までに結構ありましたが、そんな貴重な告発なら、
いちいちネット上に書き込むといった、回りくどいことせず、直接、警察に飛び
込んで、こっそりと内部告発してしまえばいいだけです。
わざわざネットに公開して、組織に証拠隠滅の猶予を与えるような告発方式を
行ってくる人が、本当に内情に詳しい人間とは思えないわけです。
たんなる組織ぐるみによる、2ちゃんねるに世論の関心を惹くための話題作り、
兼、漏洩した内部情報(真実)のガセネタ化を目的にした演出に思えて仕方がない。

仮にこれらの疑惑説が、本当に、たんなる話題作りの一環に過ぎなかったとしても、
2ちゃんねるファミリーが、2ちゃんねるのマイナスイメージそのものを、ビジネス
に利用するため、被害者の気持ちを玩んできたという事実だけはハッキリします。
私はこの事実だけで、2ちゃんねるファミリーには社会から批判されるに値するだけ
の罪があるものと認識しています。

いずれにせよ、これらの疑惑説を明確に否定できるだけの証拠、また、真実だと
証明できるだけの物的証拠、そのどちらの証拠もないわけですので、各人で一般
市民が得られるだけの限界レベル「状況証拠」を掴んで頂き、そのどちらかで
確信レベルの認識にまで達してもらうしかありません。
個人的に確信しているだけならその人の自由であり、2ちゃんねるファミリー以外
の人には迷惑もかけません。


誰でも実行可能な反2ちゃんねる活動のポイント(その3)


もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体


社会問題

≪前の記事 煽って利用する側に齎されるのは、なにも自己の利益だけではない。
≫次の記事 2ちゃんねる対策及び2ちゃんねる支持者への反論Q&A-5

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。