人気ブログランキング

2ちゃんねるは民意の偽造サイトです。日本国民の本音の代弁者として2ちゃんねる関係者達は相応しくないとお思いの方は各ランキングに1クリック願います。(ただしランキング管理側から投票リミッターかけられることもありますが、何度かクリックを繰り替えすと受け付けられることもあるようです) ↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

JYAKUSYA

Author:JYAKUSYA
ようこそ。
私はとある反2ちゃんねるグループの広報担当で弱者と申します。
ここは文書ばかりで、内容も重いものばかりですが、社会問題とは常に重いものです。 それをお伝えするのがこのブログ開設の趣旨ですので、どうかご容赦下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

99:煽って利用する側に齎されるのは、なにも自己の利益だけではない。

2010/07/24 (Sat) 23:47
hgibbb3

作家・村崎さん刺殺 容疑の男逮捕「本にだまされた」

 23日午後5時50分ごろ、東京都練馬区羽沢、作家、黒田一郎さん(48)=筆名・
村崎百郎=方で、「人を刺しました。捕まえてください」と男の声で110番通報があっ
た。警視庁練馬署員が駆けつけると、1階で血を流している黒田さんを発見、病院に搬送
されたが、死亡が確認された。同署は遺体近くにいた横浜市在住の無職の男(32)に事
情を聴いたところ、殺害を認めたため、殺人の現行犯で逮捕した。

 同署によると、男は統合失調症で精神科の通院歴があるといい、「彼の本にだまされた
ことが分かり、殺すつもりで包丁を買って刺した。(黒田さんの)住所は(インターネッ
ト掲示板の)2ちゃんねるで調べた」と供述している。

 逮捕容疑は23日午後5時50分ごろ、黒田さん方の1階で黒田さんの腹部などを包丁
(刃渡り約17・5センチ)で20数回刺して殺害したとしている。発見当時、黒田さん
はソファにもたれかかるようにして倒れていた。黒田さんは女性と同居していたが、当時
1人だった。

 黒田さんは、他人のゴミから捨てた人の人間関係などが分かると実例を挙げて解説した
「鬼畜のススメ」や、時事問題を独特の切り口で批評した「社会派くんがゆく!」(共著)
シリーズなどの著作がある。

 村崎さんと面識のある雑誌編集者は「『鬼畜系ライター』というイメージとは違い、
ごく普通の丁寧な印象の人。売り出すために敢えて刺激的な方向を打ち出したのだと思う。
ご冥福をお祈りしたい」と語った。



(コメント)
エセのアウトサイダーが、本物のアウトサイダーによって命を奪われる・・か。
2ちゃんねる系ユーザーを中心として支持されてきたのが黒田氏の著書ですが、
皮肉にも、自分に名誉と富をもたらしてくれた2ちゃんねるが、同時に死神も
自分のところに呼び込んでしまったようですね。
今後もアウトサイダー路線で自分の名を売ろうとお考えの人に忠告しておきます。
私はこの活動を通じて、2ちゃんねる内にいる正真正銘のアウトサイダーを
星の数ほど見てきました。だから解るんです。彼等を利用することがいかに
危険なことであるのかを・・
こうした連中の支持を得て、金儲け又は自分の売名目的に利用しようという
考えは、ほどほどにしておくべきです。
彼等の支持を得るということは、同時に彼等を著書を通じて精力的に煽っている
ことにもなるんです。
2ちゃんねる内には、煽り屋という大衆を巧妙な書き込みによって、扇動する
連中もいますが、彼等は常にネット上では匿名状態だから、リスクが無く、
仕事も成り立つんです。

名前が公開されてて、足が地に着いている状態でこの手の煽り活動には、
大きなリスクが伴うのは当然です。

執筆した人間が偽者でも、執筆したアウトサイダーな文面に群がるのは、
なにも興味本意の読者だけではなく、本物のアウトサイダーも大勢いるのだと
肝に銘じておくべきです。

本当にその黒田氏が、エセであったのかは判りませんが、容疑者の男が
著書のどの内容に騙されたと感じたのかが知りたいです。
それによって、本当に偽者だったのか、それとも本物だったのかの判別
材料の一つにもなると思います。

また、私が望む、推察結果は、黒田氏が偽者であること。
もし仮に黒田氏が生きているとして、偽者と本物とどちらと対話したいと
問われれば、私なら偽者です。
何故なら、本物のアウトサイダーを、黒田氏が客観的な目で見ていた可能性
が高く、様々な観点で人間社会を見てきている可能性が高いからです。
また、本物の危険思想の持ち主には自分自身を客観的に見つめることが
できない人が多いのでは?・・とも想像できるからです。

自分自身を常に客観視できる人は、最初から変な思想に走らないでしょう。
本物を演じるには、本物を客観的な目で観察する必要があるでしょうし、
並外れた想像力に分析能力も必要になるはずです。
リアルに危険な思想者になってしまっては、自身や他人の分析どころでは
なくなるわけですから・・。
何よりも人の話をマトモに聞ける状態にある人なのか不安です。

故人が、2ちゃんねると接点を持つ作家とはいえ、亡くなれば皆仏です。
これ以上、黒田氏について偽者か本物かを書くと死者への冒涜にもなるため、
このくらいにしておきます。恩着せがましい書き方と受け止められましたら、
先んじてお詫び申し上げます。

ご冥福をお祈り致します。



もしよろしければ1票とリンクの協力を宜しくお願いします。
  ↓

FC2Blog Ranking

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体


社会問題

≪前の記事 2ちゃんねる対策及び2ちゃんねる支持者への反論Q&A-7
≫次の記事 2ちゃんねる対策及び2ちゃんねる支持者への反論Q&A-6

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。